8周年を迎えたアイドリング!!!の史上最高に“ピュアすぎる”新曲「ユキウサギ」のビジュアルが明らかに

2014.11.18 17:21

8周年を迎えたアイドリング!!!の史上最高に“ピュアすぎる”新曲「ユキウサギ」のビジュアルが明らかにサムネイル画像

先月8周年を迎えたアイドルグループ「アイドリング!!!」23枚目のニューシングル「ユキウサギ」のビジュアルが明らかになった。

この楽曲は2008年に加入した在籍6年半の2期生(12号・河村唯/13号・長野せりな/14号・酒井瞳/15号・朝比奈央/17号・三宅ひとみ)の5人がメインボーカルを務め、恋する女性が抱く誰にも言えない本音を綴った作品となっており、アイドリング!!!史上最高に“ピュアすぎる”ラブソング。

2期生の同期の菊地亜美が11月24日のライブで卒業した後、22人で臨む初めてのシングルで、酒井は「(菊地)亜美ちゃんが卒業を発表した途端、同期であった2期生がメインボーカルに抜擢され運気が上がった」とコメントし、思わぬところで菊地亜美が最後に功績を残したようだ。

メンバーの中で最年長の25歳である河村唯&酒井瞳はこのピュアなラブソングに対する第一印象を「このピュアすぎる楽曲をまさか自分たちが歌うの?」と共に耳を疑ったとか。さらに、酒井瞳は、最も恥ずかしくて苦労をした事として、「レコーディングの時に「ピョン」というカワイイコーラスができずに20回以上のNGがでました。」というエピソードも明かした。

また、3タイプあるCDのカップリングにはそれぞれ、19歳以上のメンバーで構成されたユニット”O-19ing!!!”の「Wing」、18歳以下のメンバーで構成されたユニット”U-18ing!!!”の「恋のプレゼンター」、そして1期生2人のユニット”1st IDOLING!!!”の「HoRoRi」が収録され、世代別ならではのユニットによる楽曲にも注目だ。

関連画像