ネイザン・イースト初の単独来日公演終幕、小田和正ほか日本の実力派アーティスト達と連日共演し大盛況に

2014.11.17 18:33

ネイザン・イースト初の単独来日公演終幕、小田和正ほか日本の実力派アーティスト達と連日共演し大盛況にサムネイル画像

11月10日より来日した世界最高峰ベーシストと称されるネイザン・イーストは、30年以上のキャリアにして初のソロアルバム「NATHAN EAST」を携え、東京・大阪にて自身初となるソロ公演を行った。

ビルボードライブ(東京・大阪)にて4日間(計8公演)行われたライブは、ソロアルバムからの楽曲やネイザン本人が参加して生まれた空前の大ヒット曲Daft Punkの「Get Lucky」などが披露され、満席の会場を興奮の渦に巻き込んだ。

公演には毎回豪華ゲストが招かれ、11月10日(月)はJAY’ED11日(火)は小田和正とTOKU、13日(水)は杏里と、ネイザンと以前から交流があった日本の実力派アーティストたちが、ネイザンと共に圧巻のステージを繰り広げた。先日、「また君と feat. Ms.OOJA」がiTunesのR&Bチャート1位を獲得したJAY’EDは、ファレル・ウィリアムズの大ヒット曲「HAPPY」とDaft Punkの「Get Lucky」を熱唱。ネイザンが「日本の兄弟」と呼ぶ小田和正は、このファーストソロアルバムのために提供した楽曲「Finally Home」を共に披露。杏里は、名曲「オリビアを聴きながら」を、ネイザンの美しいベースにのせて歌い上げた。
毎回、アンコールのバラード曲「America the Beautiful」がはじまるとステージ後方のカーテンが開き、美しい六本木の夜景をバックにネイザンがあたたかい音色を響かせ、会場は静かな感動に包まれた。

ネイザンの来日は、なんと今回で69回目。大の親日家として知られる彼のベースには、今回も日の丸がデザインされていた。公演を終えたネイザンは、ファンに向けて「これまでずっと叶えたかったソロとしてのデビュー公演を日本という第二の故郷で達成することができた」とのメッセージを贈った。

【ネイザン・イースト来日公演 セットリスト(11月10日)】
101 Eastbound
Can’t Find My Way Home
Sir Duke
Letter From Home
April
Overjoyed
Happy
Get Lucky
Daft Funk
America the Beautiful

【ネイザン・イースト プロフィール】
世界最高峰のベーシストと称されるネイザン・イースト。若干16歳で、ソウルシンガー、バリー・ホワイトにその才能を見出され、マディソンスクエアガーデンを含むコンサートツアーでのベースを担当したことから、プロとしてのキャリアがはじまる。その後、伝説のプロデューサー、クインシー・ジョーンズの誘いで、ホイットニー・ヒューストン、マドンナ、マイケル・ジャクソンらの作品に次々と参加。1985年に同じコンサートに出演していたエリック・クラプトンと出会い、その後、エリック・クラプトン本人をはじめ、フィル・コリンズやロッド・スチュアート、TOTO、小田和正のレコーディングには欠かせない存在となる。 ローマ法王、イギリス王妃、ダイアナ妃の前での演奏も経験し、 2009年には、オバマ大統領就任式典において演奏を果たす。

photo by :Jun Sato

関連画像