【海外反応】ワールドツアーで新曲発表!BABYMETALのライブに世界各国から届く声とは

2014.11.11 17:12

【海外反応】ワールドツアーで新曲発表!BABYMETALのライブに世界各国から届く声とはサムネイル画像

現地時間の11月8日、「BABYMETAL BACK TO THE USA / UK TOUR 2014」のファイナル公演をロンドンで無事に終えたBABYMETAL。海外からの高い支持を示すように、ファイナル公演のチケットはソールドアウト。5,000人のファンが会場を埋め尽くした。

彼女たちは、このファイナル公演で“メタルレジスタンス・第三章”の幕開けを飾る新曲が披露。イギリスのメタルバンド、Dragon ForceのSam TotmanとHerman Liがギタリストとして参加したBABYMETAL史上最も高速なメロディック・スピードメタルチューンは、イギリスのファンたちを熱狂させた。

国内での人気も去ることながら、海外のフェスやワールドツアーも積極的に展開し、熱狂的な支持を得ている彼女たちの、今回のワールドツアー「BABYMETAL BACK TO THE USA / UK TOUR 2014」に対する、海外からの反応はどのようなものなのだろうか。

【海外の反応】
SNSやYouTubeのBABYMETAL関連動画のコメント欄には、各地のライブに足を運んだであろう、多くのファンからの書き込みでいっぱいだ。

ロンドンのツアーファイナルに関して「会場が一体となったコールアンドレスポンスが今でも私の頭の中でこだましている。私の人生の最高の時間だった。私は泣きたい」「感動して震えた。振り返ってみると、新曲を披露してくれたことは、本当に特別だった」「昨夜のショーは再考でした。新曲を披露するのは日本であるのが当然だと考えていたので、ロンドンで初披露されたのは本当に驚きだった」という、ライブの出来に対する絶賛と、新曲が日本ではなくワールドツアーで初披露されたことに対する驚きと喜びに溢れていた。

また、BABYMETALが積極的に海外でのライブを開催していることに対して「今年はイギリスでBABYMETALが一生懸命活動してくれたので、3回もライブを観ることが出来た。素晴らしい年だった」「ニューヨークとロンドンでの素晴らしい思い出をありがとう」という現地のファンの声や、「このような素晴らしい夜が過ごせるとは。完全に7時間かけて往復して観にいった価値がある」といった、遠方から駆けつけたであろうファンの声もあった。

また、BABYMETALのオフィシャルTwitterアカウントのワールドツアー終了報告ツイートに「アジアに来てくれていないから、ワールドツアーは終わってません!」と言った熱い要望をはじめ、ブラジル、マレーシア、オランダのファンからも、自国でのライブを熱望している声が多数寄せられていた。

関連画像