PELICAN FANCLUB、メジャーデビュー作の収録内容&ジャケットアートワークが公開

2018.9.14 21:00

PELICAN FANCLUB、メジャーデビュー作の収録内容&ジャケットアートワークが公開サムネイル画像

PELICAN FANCLUB

11月7日(水)にリリースされるPELICAN FANCLUBのメジャーデビュー作「Boys just want to be culture」の収録内容が決定、全8曲入りのミニアルバムとなることがアナウンスされ、同時にジャケットアートワークが公開された。

デビューミニアルバムには、既にライブでも披露されている新曲「ハイネ」「VVAVE」「ハッキング・ハックイーン」の他、初期からの人気楽曲「Telepath Telepath」も音源化。バラエティに富みながらもPELICAN FANCLUB印で貫かれ、タイトル同様、デビュー作に相応しい、青く、決意に満ちた内容となっている。

ジャケットのデザインはエンドウアンリ(Vo, G)が敬愛するデザイナーGraphersRockが担当。タイトルやPELICAN FANCLUBの楽曲が持つ「若さ」や「衝動」を「花」のように昇華させた、鮮やかな青が印象的なアートワークに仕上がっている。

さらに、11月9日からスタートする全国ツアー『PELICAN FANCLUB TOUR 2018“Boys just want to be culture”』のゲストアーティストの第2弾も発表。名古屋、大阪の2公演にmol−74が出演する。

既に2、Teenager Kick Ass、パノラマパナマタウンの3組がアナウンスされており、各地で熱い対バンライブが繰り広げられそうだ。なお、ファイナルの東京公演のみ、ワンマンライブとなっている。

関連画像

関連記事