三代目JSB岩田が見せたドッキリでの人間性に「好感度が爆上がり」の声

2018.9.14 7:00

三代目JSB岩田が見せたドッキリでの人間性に「好感度が爆上がり」の声サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

12日に放送されたTBS系『魂のドッキリ映像SP EXILE史上最悪の1日』でEXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典がドッキリにかけられる場面があった。

番組では、箱から脱出できなければ爆破が起きるイリュージョンを行い、その中にEXILEのATSUSHIが入るが失敗し、爆破が起きてしまうというドッキリ企画を岩田へ行った。

その中では、イリュージョンに挑戦したいと立候補するATSUSHIに対し、岩田は「そうなると、その前の毒見は自分が行きたいな」と、後輩として前に立ったものの、結局ATSUSHIがイリュージョンに挑戦してしまう。

挑戦したATSUSHIは中々脱出してこず、「手錠外れないからギブアップです!」とイリュージョンは失敗だと声をあげるも、外からも箱の開錠ができず、岩田は駆け寄って箱を蹴るなど奮闘を見せた。これにATSUSHIは「岩ちゃん目の前まで行ってくれてる」と感激した様子を見せていた。

その後、岩田が「ATSUSHIさん!」と呼びかけたものの、スタッフに引き離され、ボックスは爆発ののちに炎上。岩田は呆然とした表情で固まっていた。ここで、ATSUSHIからネタバラシを受けた岩田は「よ、よかったですよ本当に」「いやー参ったわこれは」と、ドッキリに安堵の表情を見せていた。

この放送に視聴者のSNSでは「性格良すぎ」「なんか感動したんだけど」「岩ちゃんの好感度が爆上がりだわ」「助けにいける勇気がすごい」「いい人すぎる」と、様々な反響が寄せられていた。

ドッキリ企画に似たような感想が寄せられたことは過去にもあり、EXILE/GENERATIONSの関口メンディーが、失礼な記者とEXILEのNAOTOと板挟みになるというドッキリで見せた言動に「神対応さすがだわ」「心広すぎ」と反響が寄せられていたことがあった。

関連画像

関連記事