佐野勇斗、中条あやみが「珍しく優しい」瞬間明かす

2018.9.13 20:30

佐野勇斗、中条あやみが「珍しく優しい」瞬間明かすサムネイル画像

中条あやみ

12日に放送されたフジテレビ系『めざましテレビ』に中条あやみと佐野勇斗が出演し、番組のインタビューに答えた。

番組内では映画で共演した二人へ、撮影中のエピソードについて質問。その中で佐野は「思い出に残ってるのはブーブークッション」とある出来事を話し始めた。

佐野は、ハロウィンのシーンでカボチャの被り物をして撮影した際に「前が見えなかったんですよ。(中条が)『椅子があるから座って』って言ってくれて、珍しく優しいなぁと思って」と、中条の誘導に従い椅子に座ったところ「そんな優しいんだと思って座ったらブー!って鳴って」と、中条のいたずらに引っかかったのだと振り返った。

これに中条は「そう買ってきた、たまたま見つけちゃってコレ良い!と思って」と、自前のクッションだったと明かし、続けて「カボチャかぶってるから、聞こえなかったっぽくて、みんなが爆笑してるけど、一人だけ『なんのこと?』みたいな」と、その時の佐野の反応を明かし笑顔を見せていた。

二人が出演する映画『3D彼女 リアルガール』は9月14日に公開。那波マオ原作の同名コミックを映画化。『美女と野獣』ならぬ“美女とオタク”のありえない純愛の行方を描くラブコメディとなっている。

関連画像

関連記事