岡田准一、全く喋らなかった幼少期に初めて発した言葉を明かす

2018.9.13 19:52

岡田准一、全く喋らなかった幼少期に初めて発した言葉を明かすサムネイル画像

12日に放送された日本テレビ系「今夜くらべてみました」に出演したV6の岡田准一が、幼少期のエピソードを披露した。

岡田は、無口な子供で「全然喋らなくて、心配で病院に連れていったりするくらい全く発さない」と、3歳まで喋らなかったという。

そして、3歳で急に喋り出したといい、その言葉が「それは違うよ」だと紹介されると、共演者たちは笑い声をあげた。

この放送に視聴者はTwitterで「ビックリした!」「笑う」「初めて発した言葉の話何回聞いてもおもろいわw」などのコメントを寄せる一方、「私も全然喋らず3歳のある日からマシンガンのように喋り出したと言われてるw」「岡田准一も3歳までしゃべらなかったけどあんなかっこいいから、うちの息子も将来は岡田准一だわ…」といった投稿も見られた。

岡田は、9月28日に公開される映画『散り椿』で主演を務めており、妻の願いを叶えるため帰郷した浪人・瓜生新兵衛を演じている。

関連画像

関連記事