橋本環奈「銀魂」撮影での“後遺症”明かす「緩くなっちゃって…」

2018.9.8 18:15

橋本環奈「銀魂」撮影での“後遺症”明かす「緩くなっちゃって…」サムネイル画像

(c)杉江拓哉(TRON)

6日深夜に放送されたテレビ東京系『「銀魂2」大ヒット記念!福田監督&豪華キャストの掟破りのぶっちゃけトークSP!』に映画『銀魂2』の出演者らが出演し、撮影時のエピソードを明かした。

番組内では、橋本環奈が撮影中に“変顔”をするシーンが多かったと振り返り、小栗旬からも「今や職人と呼ばれてるんで、変顔職人ですよ」と、橋本の表情は熟練の域に達していると絶賛した。

そして、福田雄一監督は「(台本に変顔の指示は)書いてないのにそのセリフの勢いとかでこんな顔なんだろなってやってくださる」と、表情作りは橋本のアドリブなのだと明かした。

これに橋本は「最初に監督からシャクレてもらうよっていうのは聞いてたので」「シャクレの練習をしてて」と、顎を突き出すシーンがあったことを振り返りながら練習に励んだ様子を見せた。

続けて橋本は、この練習により「ちょっと緩くなっちゃって」「撮影期間中、すぐ顎出ちゃうんですよ」と、練習に取り組むあまり、撮影中は顎がすぐ出てしまう“後遺症”が残ったと笑い声を上げていた。

映画『銀魂2』は大ヒット公開中。空知英秋の同名コミックを実写映画化したヒット作の第二弾となっており、豪華キャストの出演等で話題を呼んでいる。

関連画像

関連記事