木村拓哉の貴重な“嵐”評に「よく見ているなぁ」の声

2018.9.4 17:45

木村拓哉の貴重な“嵐”評に「よく見ているなぁ」の声サムネイル画像

4日に放送された日本テレビ系「PON!」に出演した木村拓哉が嵐について語る場面があり、反響を呼んでいる。

番組では、ジャニーズアイドル好きで知られる日本テレビの青木源太アナウンサーが、木村と二宮和也へインタビューを行った。

その中で「アイドル・二宮和也、木村さんはどうご覧になっていらっしゃいますか?」という質問に、木村は「嵐のメンバーっていう、5分の1にはなるんだけど」と前置きをして、「でも5分の1になってるときのパワーの出し方も好きだし」と嵐のメンバーとしても、1人で活動しているときの二宮も素晴らしいとコメントした。

さらに、青木アナは「嵐の5人はどう見てらっしゃるんですか?」と質問し、これに木村は「バランスがいいグループだなとは思いますけどね」と答えた。

続けて「すごい博学的なキャラもいるし、MJ(松本潤)みたいに『バーン』と、なんかもう『バーン』ていうのもいるし」「『リーダー誰だっけ?』って思ったら『僕です』って感じの大野(智)くんもいるし。かと思ったら、その両方を『はい、じゃあみんないいから集まって』って素直に集められる相葉(雅紀)くんがいるような感じがするっていうか」と、嵐への印象を明かした。

すると、青木アナは「木村さんの嵐評、聞いたことありました?」と二宮へ問いかけ、二宮は「いやいや、ないです。だってそんなの聞く人がいないもん、まず」と、青木アナならではの質問だったと話した。

この放送に視聴者はTwitterに「木村くんにこんなこと言ってもらえるなんて、、、さすが嵐、、、 」「木村くん、やっぱり人をよく見ているなぁ」「貴重な嵐評をありがとうございます」「拓哉くんから嵐の話し聞けて嬉しいよぉ」「嵐と共演してほしい」など様々なコメントを寄せている。

木村と二宮が出演する映画『検察側の罪人』は現在公開中。殺人事件の捜査方針を巡って対立する先輩・後輩検事を演じることで話題となっている。

関連画像

関連記事