安室、新曲ミュージックビデオは“指先”で表現

2014.11.5 20:34

安室、新曲ミュージックビデオは“指先”で表現サムネイル画像

来週12日に発売される安室奈美恵の新曲“BRIGHTER DAY”のミュージックビデオ(以下、MV)が本日公開された。

“BRIGHTER DAY”は、フジテレビ系ドラマ「ファーストクラス」の主題歌として既に話題で、イントロのストリングスが印象的な透明感溢れるミディアムナンバーだ。

今年8月にドラマサイドからオファーを受け実現したもので歌詞はこのドラマのために書き下ろされたもの。“立ち止まることもあるけれど、選んだ道を一緒に歩いて行こう”という想いを込めた大切な人へのメッセージソングとして、話題を集めている。

本日公開されたMVでは、楽曲に込められた想いをシンボリックに表現。安室が指先で描いた軌跡=“選んだ道”であり、誰もが自由に進むべき道を描く(選ぶ)ことができること、また描いた軌跡がゴールドに輝きながら残ることで、選んだ道はいつでも輝いていることを表現しているという。安室奈美恵には珍しく、ダンスビデオではない点も注目だ。

安室奈美恵は現在全国アリーナツアー「namie amuro LIVE STYLE 2014」を開催中。新曲「BRIGHTER DAY」は、本日よりレコチョク独占先行配信を開始している。

関連画像