相葉雅紀主演ドラマに後輩・ジャニーズWEST小瀧望が出演

2018.9.2 19:15

相葉雅紀主演ドラマに後輩・ジャニーズWEST小瀧望が出演サムネイル画像

(c)テレビ朝日

相葉雅紀が7年半ぶりにテレビ朝日金曜ナイトドラマ枠に帰ってくる、10月期金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』。動物好きとして知られる相葉が初めて獣医師役に挑み、金曜の夜を彩る同ドラマに、趣里と小瀧望(ジャニーズWEST)がレギュラー出演することが決定した。

今ドラマの原作『僕とシッポと神楽坂』は、たらさわみち氏が集英社クリエイティブ『月刊 officeYOU』で現在も続編を連載中の人気漫画。東京・神楽坂を舞台に、そこで動物病院を営む若き獣医師・高円寺達也と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描いたハートフルな物語となっている。

相葉が演じる達也は、神楽坂にある『坂の上動物病院』の獣医師。勤めていた動物病院を辞めて実家に戻り、徳丸先生という獣医師のもとで働こうとしていたところ、突然徳丸先生は達也に病院を任せ、姿を消してしまう。戸惑いながらも獣医師として奮闘を続けていく達也は、やがて「コオ先生」と呼ばれ、動物たちを通して地域の人々と交流を深めていく。

今作で趣里が演じるのは、神楽坂の芸者・すず芽。達也の母・貴子に三味線の稽古をしてもらうため、昼夜問わず達也の実家に出入りしている。幼い頃から達也に好意を寄せており、多国籍なお弁当を作っては差し入れをするなど、献身的な面も。そのため、『坂の上動物病院』に看護師として現れた加瀬トキワ(広末涼子)を一方的にライバル視しているふしがあるという。趣里自身も「猪突猛進タイプ女性」と語るすず芽が、まっすぐに達也に向かっていく姿は誰の目にも可愛らしく映るのではないだろうか。

そしてジャニーズWESTの小瀧望が演じるのは、獣医大の学生・堀川広樹。若くやる気に満ち溢れた青年で、『ナルタウン動物病院』に研修医としてやってくる。やる気と優秀さが前面に出過ぎるあまり、人の話をさえぎる傾向があるという、個性的なキャラクターを小瀧が魅力満載に熱演。テレビ朝日のドラマに初出演する小瀧が、どんな若き獣医大生姿を見せてくれるのか、今から注目が集まる。

今作でドラマ初共演となる趣里について、相葉は「すごく線が細いのに、力強くて迫力があるんですよ!」とびっくりしている様子。また後輩である小瀧についても「嵐とも一緒にイベントをやったり、と全然知らない仲ではなかったのですが、こうしてドラマでご一緒できるのはまた新鮮です。いい意味でフラットな気持ちで共演できています!」と話し、共演を楽しんでいることが窺えた。

続々発表される豪華な共演陣とかわいい動物たち満載で贈る、10月期金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』。すべての動物を愛する人たちへ贈る、究極の癒し系ヒューマンドラマとなっている。

関連画像

関連記事