加護亜依・辻希美再会2ショット、ウエンツが活動休止発表、広瀬香美が問題解決を報告【音楽週間ニュース】

2018.9.2 19:00

加護亜依・辻希美再会2ショット、ウエンツが活動休止発表、広瀬香美が問題解決を報告【音楽週間ニュース】サムネイル画像

辻希美

この1週間にも様々なニュースがあった。その中で話題となった主な音楽やアーティストに関連したニュースをピックアップし、2回にわたってお伝えする。

◆加護亜依・辻希美再会2ショット公開が話題
元モーニング娘。の辻希美が27日、自身のブログに加護亜依との写真を投稿した。辻は、自身のブログを「私の相方(ハート)」というタイトルで更新し、「あいぼん 昨日、一昨日と中野サンプラザに出演していました」と『Hello! Project 2018 SUMMER』の25日・26日公演に加護が出演していたとして、「12年ぶりのハロー!プロジェクトコンサート ついに ついに ついにこの時が来ました」「今回残念ながら私は参加出来ませんでしたが、私にとってあいぼんは大事な大事な仲間であり、たった1人の大事な相方です」と加護への想いを覗かせた。そして「私が出産した後、またあいぼんと2人でステージに立てる事を夢見て私は今自分がやるべき事を精一杯頑張りその日を待ちます」と、加護との共演に意欲を見せ、「あいぼん お帰り」とメッセージを送った。さらに、「実は…今年の私の誕生日の日 誕生日会にあいぼんfamilyもお祝いに来てくれていたの」として「連絡は取っていたけど、久しぶりの再会」と辻の誕生日会での2ショット写真を公開。続けて「W(ダブルユー)をやりたい気持ちが強くなり、2人で『絶対叶えよう』っと約束 いつかまた2人でステージに立てる日が来たら、皆様暖かく見守ってくれたら嬉しいです」と、辻と加護のユニットを復活させたいという気持ちを明かした。

◆ウエンツ瑛士、突然の活動休止発表
28日、ウエンツ瑛士が、オフィシャルサイトにてイギリスのロンドンに留学、芸能活動を一時活動休止することを改めて報告した。ウエンツは、この報告に先立ち、テレビの生放送にて突然の発表となったことを謝罪。その上で「10月より、イギリスのロンドンに留学します。」と報告した。また、留学の理由について「僕にはいつかロンドンのウエストエンドで舞台に立ちたいという夢があります。」と、アメリカ・ニューヨークのブロードウェイと並び称されるとも言うロンドンのウエストエンドでの舞台に上がることが夢だと明かした。今年33歳を迎えるウエンツは、30歳の頃から留学の希望を抱いていたそうで、多くのレギュラー番組を抱える中「向こうに行かずに日本で仕事をしながら夢を叶える努力をこの3年間してきましたが、やればやるほどにイギリスで学びたいという気持ちが強くなってしまいました。このまま過ごして自分が後悔をしないのか?他人に迷惑をかけてまで貫きたいことなのか?沢山、悩んだ末に今回の決断となりました。」と経緯を説明した。期間は1年半程度を予定していると言う。ウエンツは、ドイツ系アメリカ人の父と日本人の母から生まれたハーフで、4歳の時からモデルで活躍。1995年からNHK教育「天才てれびくん」に出演。2005年には、小池徹平とのデュオ「WaT」でメジャーデビューも果たしていた。

◆広瀬香美、問題解決を報告
広瀬香美が、29日、前所属事務所との問題が円満に解決したことを報告した。広瀬は、オフィシャルサイトにて、謝罪の言葉を述べた上で「今般、広瀬香美は、話し合いを重ねた結果、これまでお世話になった株式会社オフィスサーティーとの間の問題につきまして円満な解決に至り、新会社『Muse Endeavor inc.』に移籍し、株式会社オフィスサーティーも移籍に合意いたしましたことをご報告いたします。」と、前所属事務所と円満な解決に至り、移籍したことを報告した。この騒動は、今年5月、新たな事務所でのスタートを切ったと報告した広瀬に対して、前所属事務所の代表取締役が「広瀬香美」の芸名の使用権限を主張、広瀬香美がすべてのアーティスト活動を休止すると発表したことから明るみとなったもの。広瀬は「広瀬香美としての活動は、今まで通り続けていきますので、心配しないでくださいね。」と呼びかけていて、両者の主張が食い違っていた状態だった。

関連画像

関連記事