永野芽郁 「半分、青い。」撮影の裏側明かし、博多大吉「安心しました」

2018.8.31 17:45

永野芽郁 「半分、青い。」撮影の裏側明かし、博多大吉「安心しました」サムネイル画像

(c)Stardust Promotion,Inc.

31日に放送されたNHK総合の『あさイチ』に女優の永野芽郁が出演し、ヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『半分、青い。』について語る場面があった。

番組内では、視聴者から「自分と似ている部分はありますか」と、ヒロイン・鈴愛と永野の共通点についての質問が寄せられた。

永野は「最初似てると思ってたんですけど、やればやるほど似てない!と思って」と、周りを巻き込みながら真っ直ぐに努力するヒロインを称えながらも、「似てない!です」と語った。これに博多大吉は「若干安心しました」と、コメントしながら周囲の笑いを誘った。

また、博多華丸が「目上の人にタメ口的な鈴愛語みたいなので、結構言い回しがあったじゃないですか。ああいうのも監督の指示ですか?脚本通り?」と、セリフ回しなどの演出について質問。

永野は「全部台本通りにやってます」と、オリジナリティは入れていないと答えると、華丸は「言葉が新鮮というか、鈴愛ちゃんらしい。いい意味で活発な、悪い意味で行儀の悪いみたいなとこあるじゃないですか」と、ヒロインのキャラクターを評し、永野も「そうですね、そうですね」と笑いあっていた。

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』は9月からいよいよ最終章に突入。残り一か月となった物語がどのような展開を見せるのか注目を集めている。

関連画像

関連記事