藤田ニコル、ファンへの対応に悩み吐露「うまくいかないなぁ」

2018.8.29 21:10

藤田ニコル、ファンへの対応に悩み吐露「うまくいかないなぁ」サムネイル画像

藤田ニコル

藤田ニコルが28日、自身のTwitterにファンへの対応について悩みを投稿した。

藤田は、自身のTwitterアカウントに「昔からのファンの子も大事だし新しいファンの子も大事だし、自分の中で大切だから平等になるように接してるつもりなのに、なんかうまくいかないなぁ」として「どうしたらいいのー?逆に教えて!!」と呼びかけた。

続けて「どうしても昔からのファンの子とかは顔も覚えたりするしだからその分ツイッターとかのリプとかいいねは見つけても減らしたりしたり」と綴り、「新しい子とかまだ覚えてない子の物を優先的にいいねしたりするけど、そしたら忘れちゃったのかなー?とかになるしこればっかりは解決がわからない! みんな大好きなの」とファンへの想いを語った。

この投稿にファンから、前からずっと好きなのに会いに行きたくても行けない。それでもにこちゅう(藤田ニコルのファン)と名乗っていいか?という問いかけがあり、これに藤田は「よく勘違いされるのだけど」と前置きして「にこるんが好き=にこちゅうってファンの名前付けてるだけで好きだったらにこちゅうになるわけで、なんかみんな使い方間違えてるの!笑」「にこるん大好きだけど、にこるんより年上だからにこちゅうの仲間に、、とかよく言われるんだけど、いや、好きならにこちゅうだから!」と、ファンに基準などないと返答した。

そして「9年近くモデルしてきて離れてくファンも沢山みてきたし、私のお仕事頑張れてるモチベーションは自分の為じゃなくてファンの為に働いてるもんだし、みんなの頑張れる存在になったりだとか、そう思って欲しくてみんなをビックリさせる仕事したりとかしてるから、離れてった子絶対後悔させるもん 笑笑」と、ファンへメッセージを送りながら、活動に意欲も見せた。

藤田は以前にも、自身のTwitterに人間関係の悩みを吐露しており、「生まれてからずっとそうだけど、友達に壁作るのやめたい。なんだか怖くてどこからが友達って勝手に決めつけて壁作ってきたから、もうそんな自分やめたい」と自身の性格について明かしていた。

関連画像

関連記事

関連リンク