稲垣吾郎、過去の出来事は引きずらない「時間もなかった」

2018.8.24 20:20

稲垣吾郎、過去の出来事は引きずらない「時間もなかった」サムネイル画像

23日に放送されたTBS系『ゴロウ・デラックス』に松岡修造がゲスト出演し、稲垣吾郎らとトークを展開した。

番組内では、松岡が「吾郎さんだって弱いってイメージもあるじゃないですか、ちょっと」と、稲垣のイメージについて言及。続けて「でも本当は強いじゃないですか」「何が強い?」と、稲垣から感じる強さがあるといい、その本質について質問した。

これに稲垣は「えっとですね…あんまくよくよしないです、基本的に引きずらない」と、過去にはあまり執着しない様子を明かした。

そして稲垣は「弱さとか強さを感じる、そういう時間もなかったんで、今まで忙しすぎて」「ずっと10代の頃からこの仕事をずっとやってきたので」と、無我夢中で過ごしてきた多忙な時期を覗かせ、「何かいわゆる”鈍感力”とかね、最近言ったりもしますけど、そういうのに近いのかな」と、敏感に物事を見すぎない力があるのかもしれないと語った。

この回答に、松岡が「鈍感力はアスリートにとって一番の強みですよ」と相槌を打つと、本来の司会である稲垣は「僕ゲストではないんですけど…」と話し、周囲の笑いを誘っていた。

稲垣は過去にも自身の考えについて同番組内で語っており、グループの解散について「僕の中は変わってないよってこと!取り巻く環境は変わってますけど」と、環境が変化しても自身そのものには変化がないと話していたことがあった。

関連画像

関連記事