鬼束ちひろ 15年ぶりのドラマ主題歌に決定!BL漫画の実写ドラマ化でピュアでディープなラブストーリーを彩る

2018.7.27 19:00

鬼束ちひろ  15年ぶりのドラマ主題歌に決定!BL漫画の実写ドラマ化でピュアでディープなラブストーリーを彩るサムネイル画像

鬼束ちひろ

8月22日リリースの鬼束ちひろのニューシングル「ヒナギク」のカップリング曲「Twilight Dreams」が、FODオリジナルドラマ「ポルノグラファー」の主題歌に決定した。鬼束自身、ドラマ主題歌のタイアップは約15年ぶりとなる。

ドラマ『ポルノグラファー』は、祥伝社の発行する漫画雑誌「on BLUE」に2015年5月~2016年2月まで連載されていた漫画「ポルノグラファー」(作画:丸木戸マキ)を原作としたドラマで、主演は、ドラマ『きみはペット』、『ラブラブエイリアン』シリーズなどにも出演し大人の色気を漂わせる俳優・竹財輝之助が小説家の木島理生を、石田衣良氏の小説「娼年」の舞台、映画ともに娼夫アズマ役を演じた猪塚健太が大学生の久住春彦を演じる。

物語は、自転車事故で大学生の久住春彦が小説家・木島理生の腕を骨折させてしまうことからはじまる。保険にも加入せず、お金もないという春彦に、木島は示談の条件として口述筆記で小説の代筆をしてもらうことを提案。春彦は喜んでその提案を受け入れ、木島の家で代筆をはじめるが、木島の口から発せられるストーリーは普通の小説ではなく淫らな内容のものだった。最初は戸惑っていた春彦ですが、その言葉を原稿用紙にしたためていると、いつの間にか木島の文章の世界観と声に酔いしれてしまう。

新たな自分との発見、抑えられない欲望との葛藤や、自尊心を保つための嘘、時折見せてしまう本音など、普段は目を瞑ってしまいそうな生々しい人間の姿を、切なく描写した作品となる。「嘘つき官能小説家と純情大学生のラブストーリー」というエッジの効いた世界を、どこか不器用でピュアな純愛を歌う鬼束ちひろの究極のラブバラード「Twilight Dreams」が彩る。

自身の最大ヒット曲「月光」がドラマ「TRICK」の主題歌として一躍脚光を浴びたように、鬼束ちひろとドラマ主題歌の親和性は高く約15年ぶりのドラマ主題歌起用に否が応でも期待が高まる。放送開始日は明日2018年7月28日(土)0時よりフジテレビが運営する動画配信サービスFODにて先行配信を開始した後、2018年8月9日(木)よる1時25分から地上波にて放送開始となる。

企画・プロデュース清水一幸 (フジテレビ) コメント

「嘘つき官能小説家と純情大学生のラブストーリー」というエッジの効いた作品の主題歌を探している中、あえて“主題歌は女性アーティストの方”にと考えました。そんな中で、ピュアな純愛を歌う鬼束ちひろさんとドラマの親和性は鉄板で、間違いなくドラマを盛り上げてくれるだろうと思いオファーさせていただきました。今回、15年ぶりのドラマ主題歌を引き受けて下さり、本当にありがたく思っております。歌詞もドラマの内容にピッタリで、“ドラマ×主題歌”の相乗効果を、私としても期待しております!

関連画像

関連記事

関連リンク