ポップ・マエストロ、松尾清憲のソロ11作目となるオリジナル・アルバムが完成

2018.7.25 21:10

ポップ・マエストロ、松尾清憲のソロ11作目となるオリジナル・アルバムが完成サムネイル画像

松尾清憲

松尾清憲が挑戦したオルタナ&エレクトロニカなアプローチが光る最新アルバム「All the World is Made of Stories」が完成した。

サウンド・プロデュースを担当した掛川陽介&本澤尚之とは初のコラボレーション。ゲストに、鈴木さえ子、姫乃たま、鈴木博文(ムーンライダーズ)、Languageのkaori、Masaaki Kobayashiを迎え、楽曲、サウンドの幅を広げている一枚だ。

プロデューサー・白井良明とともに、めくるめくキラー・チューンを量産したポリドール期。Velvet Tea Setsのメンバーとともに、煌めく松尾ワールドを展開したストレンジ・デイズ期。そして第3期の幕開けとも言える本作は、サウンド・プロデュースにJ-POPからゲーム、アニメシーンまでを支えるプロデューサー・チームでありバンド“Language”としても活躍する掛川陽介&本澤尚之を迎え、新たなサウンド作りにチャレンジした本作。揺るぎない松尾のポップス・センスとオルタナ・エレクトロニカ・サウンドが融合した傑作が誕生した。

アルバム・リリースに先立ち、本日より全曲クロスフェードを公開。いち早く、最新の松尾ワールドを体感してみてはいかがだろうか。

関連画像

関連記事

関連リンク