星野源、幼少期のあだ名を明かす「どんどん暗くなって」

2018.7.22 17:30

星野源、幼少期のあだ名を明かす「どんどん暗くなって」サムネイル画像

星野源

21日に放送されたTBS系「王様のブランチ」に出演した星野源が、自身のあだ名について明かした。

星野は自身の4歳の頃について「ものすごい明るかったらしいです。あんまり記憶がないですけど」として「幼稚園で教頭先生に『オバQ音頭をかけろ』ってすごい言って」「園内放送でスピーカーからガンガン流れててど真ん中でガーって踊ってたらしいです」と振り返った。

続けて、「そこから、どんどん暗くなっていきます」と自身の性格の変化について明かし、「小学生くらいから本当に『おじいちゃん』ってあだ名になるくらい」と、活発な性格が一変したと語った。

星野は、7月20日に公開された、細田守監督のアニメーション映画『未来のミライ』に声優として出演。主人公・くんちゃんのお父さん役を演じており、注目を集めている。

関連画像

関連記事