嵐・櫻井翔、楽曲のセリフパート事情を明かす「勝ち上がることも…」

2018.7.14 18:00

嵐・櫻井翔、楽曲のセリフパート事情を明かす「勝ち上がることも…」サムネイル画像

12日に放送されたフジテレビ系「VS嵐」に出演した吉岡里帆が嵐に聞いてみたかったという質問をした。

吉岡は、「先日の(放送)回を観てたら、松本さんが(コンサートの)セリフ担当だっていうお話があって」と楽曲中のセリフは松本潤が担当していると前置きをして、「いろんな譲り合いみたいなのがあるのかなぁと思ってて、本当は自分が言いたかったセリフってあるのかな」と質問した。

これに櫻井翔は「それは僕だって『チカヅキタイ』を言いたい」と、嵐の楽曲『Love Situation』の歌詞中のセリフを挙げながら、願望を口にした。

続けて、櫻井は「だけどこれがね、レコーディングをみんなでして5人で『チカヅキタイ』を言って、結果、松本になった。これならいい」として「そもそもエントリーしてないから」と、最初から候補にあがっていないと明かし、笑いを誘った。

また、相葉雅紀はほかの楽曲でセリフを担当したと話し、「こういう風に勝ち上がることもあるってことだね」とコメントすると、櫻井は「おめでとう」と、セリフ担当に選ばれたことに祝福の言葉を贈った。

さらに、大野智は「俺、結構(セリフ)録ってるけど1回も勝ち上がんない」と、自身のセリフパートが使用されないと話し、櫻井は「そっちの方がやだね」とコメントしていた。

嵐は25日にニューシングル『夏疾風』をリリース。作詞・作曲をゆずの北川悠仁が務めたことでも話題となっている。

関連画像

関連記事