安田レイ 未発表新曲が吉岡里帆主演ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」OP曲に決定

2018.7.6 13:22

2013年にデビューして以降、ドラマ・CM・アニメ等、数々のタイアップを担当し、「第57回輝く!日本レコード大賞』新人賞も受賞する等、ヒット作を多く生んできた安田レイ。

そんな安田レイが約3年ぶりとなるドラマタイアップ曲を担当。安田レイの未発表新曲「Sunny」。この新曲が7月から始まる、吉岡里帆主演、カンテレ・フジテレビ系火9ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」のオープニング曲として流れる事が決定した。

ドラマプロデューサーの米田孝氏は今回の起用に関して「夏ドラマらしい爽快感と疾走感、それでいて、どこかもどかしさや切なさを感じ、なおかつこれから始まる1時間を見たくなるようなワクワク感もある曲、という相当無茶なリクエストをさせていただいた結果、まさか、全てに応える楽曲を一発で作ってきて下さいました!それが、この「Sunny」という曲です。主演の吉岡里帆さんと同い年である安田レイさんの伸びやかな歌声に、オープニング映像を乗せてお届けするのが楽しみで仕方ありません。」とコメントを寄せている。

また、安田レイも今回オープニング曲を担当するにあたって「ドラマのオープニング曲が決まった時は、”嬉しい!どんなストーリーなんだろう?!”と胸が踊りました。そして、この「健康で文化的な最低限度の生活」という作品を知りたいと思い、原作を読んでから、歌詞を書かせていただきました。主人公の義経えみるはたくさん共感する部分があって、なんだか自分の人生を客観的に見てるような、不思議な感覚に、何度もドキッとさせられました。彼女の目線で、日常の葛藤や不安を言葉にしてみましたが、きっとこれは多くの方が一度は感じたことのある感情なのではないかと思います。”誰かのために何かしたい”。このとってもピュアで美しい気持ちは、その反面実行するのはとても難しいことなんだと思います。人の心はとても複雑で、繊細で、きっと難しいからこそ、気持ちが届いた時にものすごく嬉しかったり、また次も頑張ろうと思えるのかもしれないですね。そんな気持ちを込めた「Sunny」がたくさんの心に届いて欲しいと願ってます。」と喜びと意気込みを語っている。

この安田レイの新曲「Sunny」は、2018年8月22日(水)10thシングルとして発売する事も決定。CDの発売に先駆け、8月14日(火)~先行フル配信もスタートされる。

また、この新曲「Sunny」が、ドラマスタートに先駆け7月7日(土)に自身がパーソナリティを務めるレギュラーラジオJFN系38局放送 TOKYO FM「CONTDOWN JAPAN」で初O.A.解禁されるという。ドラマのオープニングを彩っている爽快感と疾走感あるこの曲を、いち早くチェックしてみてはいかがだろうか。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254