竹原ピストル、2020年に向けたACジャパンCMに新曲を提供

2018.7.1 13:00
竹原ピストル、2020年に向けたACジャパンCMに新曲を提供サムネイル画像
竹原ピストル

今年4月にリリースしたニューアルバム『GOOD LUCK TRACK』を携え、全国弾き語りツアー真っ最中の竹原ピストル。本ツアーは6月14日のNHKホールからスタートし、12月22日の初の日本武道館まで52公演に及ぶ。

昨年末の紅白歌合戦出場を経て、ニューアルバムのヒット、自身最大規模のツアー、自身初のアナログ盤リリースと話題が続く中、新曲「ひまわりさくまであとすこし」がACジャパンの2018年度全国キャンペーン「オモイデはニッポンの人」のTVCM・ラジオCMソングとしてオンエアされることが本日発表された。

「よー、そこの若いの」「Amazing Grace」など聴くものの魂を熱く揺さぶる印象が強い竹原ピストルだが、今作「ひまわりさくまでもうすこし」は一転、言葉のひとつひとつをそっとやさしく降らすような、やわらかい歌唱がとても印象的な楽曲だ。大きなひまわりが咲きますように。

CMは、東京でオリンピックが開催される2年後に向けて制作されたもので、「2020年に向けて、日本を考えよう」をテーマに、「国際交流」に焦点をあてた内容だ。外国人観光客が、日本人との交流を通じてあたたかい気持ちになる様子が描かれており、2020年に向けて「気軽な国際交流」を生み出すことを目指している。なお、CM動画はACジャパンのウェブサイトからも見ることができる。

明後日(7月3日)からは先日発表されたTVアニメ「中間管理録トネガワ」のエンディングテーマとして新曲「隠岐手紙」のオンエアもスタートする。両楽曲ともリリースに関しては未定となっているので、まずはCM、そしてTVアニメでチェックしてみてはいかがだろうか。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100