ぼくりり新曲「輪廻転生」ドラマ「インベスターZ」のエンディング・テーマに決定

2018.6.29 18:00

ぼくりり新曲「輪廻転生」ドラマ「インベスターZ」のエンディング・テーマに決定サムネイル画像

ぼくのりりっくのぼうよみ

ぼくのりりっくのぼうよみの新曲「輪廻転生」が7月13日より毎週金曜深夜テレビ東京ほかで放送されるドラマ25「インベスターZ」のエンディング・テーマに決定した。

『ドラゴン桜』などで知られる三田紀房氏による大ヒット経済漫画『インベーダーZ』(講談社・週刊『モーニング』にて連載)が原作。同氏が所属するクリエーターエージェンシー(株)CEOの落合陽一など話題の企業や社長も数多く出演している。

昨年11月に発表した3rdアルバム『Fruits Decaying』以来となる久々の新曲「輪廻転生」。原作のファンだというぼくりりが、「主人公財前のハンパなさ」を表現すべく書き下ろしたナンバーで、かなり「ぶっとんでる」とコメントしている。ぼくりりの新たな挑戦を予感させる楽曲をいちはやくドラマで堪能していただきたい。

ぼくのりりっくのぼうよみコメント

インベスターZは原作を読ませていただいていて、凄くファンなので、今回のお話をいただけてとても嬉しかったです。実写ドラマ化にあたって、知り合いの社長の方なども何人か登場されるようで、そちらも楽しみにしているのですが、僕の中で、この、インベスターZの一番面白いところは、主人公財前君のハンパなさです。この楽曲では、そういった部分を表現してみたつもりです。エンディングで流れない部分も財前君の如くぶっとんでるので、是非フルでも聴いてみていただきたいです。

主演・清水尋也コメント

未だに信じられない…。大好きなあのぼくりりさんが主題歌を…。ダメだ、今日は投資の勉強はやめてこの曲に浸ろう。秀逸なメロディライン!全てを見透かしているかのような卓越したワードセンス!そして、聴いている人々を虜にする優しい歌声…!!アァ!早く神代さんに報告しないと!!!

プロデューサー・工藤里紗コメント

「インベスターZ」のドラマ化が決定した時から、エンディングテーマは、ぼくのりりっくのぼうよみさんがいい!と思ってました。そこで、ドラマ「インベスターZ」用の楽曲の書き下ろしを熱烈にラブコールしました!投資と聞くと何か「固い、難しい」感じをイメージされがちですが、「お金」の概念も変わってきていますし、このドラマは新時代を担っていく若者に楽しみながら見てもらいたい!という思いから企画しました。ぼくのりりっくのぼうよみさんの、若さ、敏感に時代を捉える力、そして、何よりも「新しい音楽の打ち出し方を模索したい」という想いは「インベスターZ」のマインドそのもの。原作もファンとの事で、ネットで拝見した原作者の三田先生との対談記事に「財前と自分を重ねてしまう」とあり勝手に運命を感じました。楽曲は、様々な読み取りができる繊細な思いやお金の裏にある「人間」が表現されていると感じました。ダンスカンパニーDAZZLEの飯塚浩一郎さんにも協力して頂き、エンディング映像の演出を担当しました。コミカルなドラマ部分とは違う、ドキッ!とさせられる財前と投資部メンバーの表情もお楽しみください。

関連画像

関連記事

関連リンク