三代目JSB・山下健二郎、メンバー同士の意外なカラオケの“掟”と理由明かす

2018.6.27 20:20

三代目JSB・山下健二郎、メンバー同士の意外なカラオケの“掟”と理由明かすサムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

26日に放送された日本テレビ系「ZIP!」で、三代目J Soul Brothersの山下健二郎がメンバーとのカラオケの様子について明かした。

番組では、桐谷美玲がカラオケ機器のイベントに登場した様子を報じた。その際に、桝アナウンサーがメインパーソナリティーの山下に「三代目(JSB)でカラオケは行くんでしたっけ?」と尋ねると、「たまにメンバー7人で行くんですけど、そのときは絶対にパフォーマーだけが歌います」と、メンバーとのカラオケの様子について明かした。

桝アナウンサーの「登坂(広臣)さんと今市(隆二)さんにマイクは?」とボーカルの2人の名前を挙げ質問すると、「渡さない。『普段気持ちよく歌ってるでしょ』ってことで」と、その理由について話した。

山下の所属する三代目J Soul Brothersは、約2年ぶりとなるオリジナル・アルバム「FUTURE」を今月リリースしており、音楽配信サイトのアルバムチャートを席巻している。

関連画像

関連記事