スカート、映画「高崎グラフィティ。」の主題歌を担当

2018.6.27 18:00

スカート、映画「高崎グラフィティ。」の主題歌を担当サムネイル画像

スカート

スカートが、8月18日(土)より上映スタートとなる映画「高崎グラフィティ。」の主題歌を担当することが発表となった。

主題歌となった『遠い春』は劇中で描かれている主人公らが抱える葛藤や、未来への淡い希望を、スカート独特の詩と美しいメロディで表現したミディアムナンバーになっている。

映画は堤幸彦(映像監督・演出家)を筆頭に大根仁(演出家)、平川雄一朗(演出家)、小原信治(作家)といった、気鋭のクリエイターを輩出する映像制作会社オフィスクレッシェンドが次代を担うクリエイターの発掘・育成をめざして立ち上げた映像コンテスト「未完成映画予告編大賞」=「MI-CAN」第1回グランプリを受賞した作品だ。8月18日(土)よりシネマテークたかさき、イオンシネマ高崎ににて先行公開、8月25日(土)よりアップリンク渋谷、イオンシネマ シアタス調布ほか全国順次公開予定である。

なお新曲『遠い春』は「高崎グラフィティ。」の監督を務める川島直人監督が出演するJ-WAVE「LOHAS TALK」(月~木 19:45~19:55)内にて6月28日(木)の放送内にて初オンエアとなる。こちらもぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

関連画像

関連記事