稲垣吾郎「僕に娘ができたら」発言に反響

2018.6.15 20:10

稲垣吾郎「僕に娘ができたら」発言に反響サムネイル画像

14日に放送されたTBS系『ゴロウ・デラックス』に、『魔女の宅急便』の著者である角野栄子氏が出演した。

番組内では、『魔女の宅急便』のある場面を朗読し、思春期である主人公・キキの思いについてトークを展開する場面があった。

これに稲垣は「それって男の人には絶対わからないよね」「男の子はもっと幼いから、女の子のそういう多感な時期のことって」と、思春期の女の子に対する自身の考えを話した。

そして「自分が父親とかになってさ、娘とかできたらさ、すごい戸惑うだろうね」と自身の未来の可能性にも思いを馳せた様子を見せた。

このエピソードに視聴者のSNSでは「思春期の娘に戸惑う吾郎ぱぱ絶対かわいい」「父親な自分に想いを馳せる吾郎さん」「吾郎ちゃん、どんなパパになるのかなぁ?」と様々な反響が寄せられていた。

稲垣の発言に反響が寄せられた放送は過去にもあり、同番組に岩下志麻が出演し『SMAP×SMAP』でコントコーナーで共演したことの思い出を振り返った際は、ネットから「コント懐かしい‥」「スマスマトーク嬉しい」と様々な声が上がっていたことがあった。

関連画像

関連記事