DIR EN GREY、3年4カ月ぶりアルバム「ARCHE」収録内容解禁

2014.9.26 18:52

DIR EN GREY、3年4カ月ぶりアルバム「ARCHE」収録内容解禁サムネイル画像

12月10日にリリースされるDIR EN GREYのニューアルバム「ARCHE」(アルケー)の詳細が到着した。

聴く者に混沌と衝撃を与えた「DUM SPIRO SPERO」から約3年4カ月ぶり、通算9枚目のアルバムとなる「ARCHE」。「DUM SPIRO SPERO」以降もコンスタントにリリースを重ねてきたDIR EN GREYだが、インタビューなどではシングル曲がアルバムに直結しているわけではないと明言してきた。そして徐々にベールが剥がされつつある「ARCHE」には、全16曲が収録されることが明らかになった。この中には「輪郭」「SUSTAIN THE UNTRUTH」といった既発曲も含まれているものの、これらの楽曲が作品の中でどのような位置付けになっているのかは現時点では未知数だ。新曲の中には「禍夜想」「空谷の跫音」「懐春」など、リスナーのイマジネーションを刺激するようなタイトルが並び、我々の期待を膨らませてくれる。

また今作もメンバーのこだわりが反映された限定盤が2種類制作される。完全生産限定盤は3枚組仕様で、アルバム本編のディスクはBlu-spec CD2仕様となる。さらに特典CDには新曲「and Zero」と「てふてふ」のほか、「SUSTAIN THE UNTRUTH」やミニアルバム「THE UNRAVELING」の収録曲「Unraveling」のリミックスバージョン、新曲のアコースティックおよびシンフォニックバージョンなど計7トラックが収められる。

さらに映像ディスク(Blu-rayもしくはDVD)には、「ARCHE」より「Un deux」「Chain repulsion」の一発撮りによるスタジオライブ映像、ファンの間で反響を呼んだツアー「TOUR14 PSYCHONNECT -mode of “GAUZE”?-」のライブ映像など最新のDIR EN GREYの姿がパッケージされる。

一方、初回生産限定盤には本編ディスクに加え、完全生産限定盤の特典ディスクにも収められる「SUSTAIN THE UNTRUTH」のリミックスバージョンや、新曲のアコースティックおよびシンフォニックバージョンなど全3曲を収録したCDが付属する。

まだベールに包まれた部分も多いニューアルバム「ARCHE」。ギリシャ語で「根源」を意味する単語が付けられた今回のアルバムのアートワークでは、どんな世界が描かれるのか。こちらの続報にも注目しておこう。

なおDIR EN GREYはアルバム発売前の11月中旬より全国ツアー「TOUR14-15 BY THE GRACE OF GOD」を開催する。DIR EN GREYのオフィシャルサイトでは、チケットの先行予約申し込みを9月26日18:00より受け付ける。

関連画像