小坂明子長男の死去発表、宮澤佐江が活動休止に言及、AKB48総選挙速報で2年連続・荻野由佳が1位、広瀬香美の音楽活動を巡って食い違い?【5月26~6月1日の週間音楽ニュース】

2018.6.3 19:00

小坂明子長男の死去発表、宮澤佐江が活動休止に言及、AKB48総選挙速報で2年連続・荻野由佳が1位、広瀬香美の音楽活動を巡って食い違い?【5月26~6月1日の週間音楽ニュース】サムネイル画像

(c)AKS

5月26〜6月1日の1週間にも様々なニュースがあった。その中で話題となった主な音楽やアーティストに関連したニュースをピックアップし、2回にわたってお伝えする。

◆小坂明子、長男の死去を発表
音楽家・小坂明子が、5月26日、自身のブログで長男・千葉龍太郎さんが5月24日午前5時に、不慮の事故で亡くなったことを報告した。享年30才。千葉さんは、5人組バンド・GRAND FAMILY ORCHESTRAのベーシストとして活躍しており、小坂は「息子として、私の音楽をリスペクトしてくれていた龍太郎。彼のベースに魅了されていた私。ベーシストとして生き抜いた龍太郎を誇りに思います。皆様のたくさんの応援は彼の生きる源でした。」とコメントした。また、千葉さんが所属したGRAND FAMILY ORCHESTRAは、今後も活動を継続していくことをオフィシャルサイトにて発表している。

◆元AKB48宮澤佐江、活動休止に初めて言及
5月29日、元AKB48の宮澤佐江が芸能活動の一時活動休止を発表後、初めてTwitterを更新。現在出演中の舞台、地球ゴージャス プロデュース公演 Vol.15 『ZEROTOPIA』 の名古屋公演のスタートを知らせた上で「先日は突然の発表で驚かせてしまってすみませんでした 各メディアの皆様も、こんな私を記事にして下さりありがとうございました。」とコメント。「引き続き応援宜しくお願い致します」とツイートを結んでいた。宮澤の所属事務所は、5月24日、宮澤が、2018年7月末日をもって芸能活動を一時活動休止することを発表。また、所属事務所との契約が終了することも併せて発表されていた。

◆AKB48選抜総選挙速報、2年連続・荻野由佳が1位に
6月16日(土)に愛知県・ナゴヤドームにて開票される『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』の速報結果が5月30日に発表され、2年連続NGT48の荻野由佳が1位に輝いた。2位にはSKE48の松井珠理奈、3位にはHKT48の宮脇咲良がランクインしている。荻野は昨年、速報で1位を獲得、最終的には5位に食い込んだ。今回の選抜総選挙は、記念すべき第10回目の開催ということで『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』と題され、AKB48の53枚目シングルの選抜メンバー及びカップリングメンバー、 合計6ユニット総勢100名を、ファンの投票によって決定。海外の48グループ(JKT48・BNK48・TPE48)にも立候補権を付与し、 選抜メンバーの名称は「世界選抜メンバー」になると言う。

◆広瀬香美 音楽活動を巡って食い違い?
5月31日、広瀬香美のオフィシャルサイトにて、広瀬香美がすべてのアーティスト活動を休止すると発表された。その理由として「弊社に事前の相談もなく、一方的な『独立宣言』を発表され弊社スタッフ一同、大変困惑しております。」とした上で「『広瀬香美』は弊社代表取締役である平野ヨーイチが命名した芸名であり、『広瀬香美』の芸名の使用権限は、弊社及び平野ヨーイチに帰属しており、弊社所属アーティストとしての活動以外には、『広瀬香美』の芸名を使用できません。」と説明した。しかし、広瀬はFacebookにて「広瀬香美は、新たな事務所にて活動も新たにスタートを切りました。」と報告。さらに、1日には新しいオフィシャルサイトにて「一部報道されております件に関して、大変驚いています。ご心配をおかけしてすみません。」と謝罪した上で「広瀬香美としての活動は、今まで通り続けていきますので、心配しないでくださいね。」と呼びかけており、両者の主張が食い違っている状態だ。

関連画像

関連記事