博多華丸 NHK『半分、青い。』キス展開の持論にネット「名言」

2018.5.31 21:30

博多華丸 NHK『半分、青い。』キス展開の持論にネット「名言」サムネイル画像

博多華丸・大吉

31日に放送されたNHK『あさイチ』に出演した博多華丸・大吉が、番組の前に放送されたNHK連続テレビ小説『半分、青い。』についてコメントし、話題になっている。

『半分、青い。』は岐阜県で生まれた楡野鈴愛(永野芽郁)が片耳の聴力を失っても、家族や幼馴染の萩尾律(佐藤健)に支えられながら夢に向かって前向きに奮闘する姿を描いた同ドラマ。

本日放送されたNHK連続テレビ小説『半分、青い。』は、主人公の鈴愛と律の友達である正人(中村倫也)が手持ち花火をするシーンが描かれた。

その際、正人が「鈴愛ちゃん、金魚みたい。近くまで来たかなって思うと、スっていっちゃう」と話し、これに正人に思いを寄せる鈴愛は「金魚、すくってください」と告白にも取れるような言葉を返した。すると、正人は鈴愛の頬にキスをして、さらに向き直り2人の顔が近づいて…というところで、番組は終了した。

この展開を受け、後の番組である『あさイチ』に出演していた博多華丸・大吉は放送開始から笑みがこぼれており、博多大吉は「どうしましょう」と余韻が残っている様子で「動きましたね」とドラマの進展についてコメントした。

同番組では、以前NHK連続テレビ小説について“ムーヴィングサーズデイ”と名付けており、木曜日の放送で進展があると分析していた。

この日が木曜日であることから、大吉は「“ムーヴィングサーズデイ”とはよく言ったものですね」と感心した様子を見せだが、博多華丸は「でもしないんじゃないですか」とキスをしない可能性もあるとして、「しそうでしないのは朝ドラと韓流ドラマですよ」と分析力を発揮した。

この放送にTwitterでは「華丸さんによる、キスに纏わる名言頂きました」「終わった後の華丸大吉さんの顔もいい」「どうしましょっていいながらはにかんでるのが、めっちゃかわいかった」「何故か照れるおじさん二人(華丸大吉)可愛い笑」「女子たちか?ってぐらい萌え萌えしてる博多華丸大吉コンビ」などのコメントが寄せられ、盛り上がりを見せた。

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』は、放送開始当初から大きな話題を呼んでおり、ストーリーの展開や登場人物などに毎回注目が注がれている。

関連画像

関連記事