ディーン・フジオカ 蛭子能収のダメ行動にも“機転”きいた神対応

2018.5.28 20:35

ディーン・フジオカ 蛭子能収のダメ行動にも“機転”きいた神対応サムネイル画像

DEAN FUJIOKA

27日に放送された日本テレビ系「行列のできる法律相談所」に出演したディーン・フジオカが、蛭子能収との共演秘話を披露した。

2017年に放送された日本テレビ系『今からあなたを脅迫します』に出演したディーンは、共演した蛭子について、“台詞を覚えてこない”と振り返ったが、何度もNGを出して予定が遅れても撮影現場が和んでいたことに驚いたという。

ディーンは、「特殊技能ですね、あれは」として、台詞を覚えてこない蛭子のためにスタッフが蛭子の目線の先に台本を広げても「文字がちっちゃくて見えないってなって」と振り返り、これに東野幸治が「文句だけ言うのよ」とコメントした。

さらに番組では、ドラマでの蛭子のNGシーンを放送し、その中で、ドラマのタイトルでもある「今からあなたを脅迫します」という台詞を何度も間違える蛭子にディーンが「もういいです。なんでも拾うから大丈夫。何言ってもいいです」と声をかけ、本番でも「今からあなたを恐喝します」と言った蛭子に対し、「脅迫だ、バカ野郎!」とアドリブで対応していた。

これについてディーンは「機転というか、ああでもしないとその日の撮影終わらないじゃないですか」と話し、「アドリブっていうか尻拭いっていうんですかね」とコメントし、共演者たちは笑い声をあげた。

そして、東野が「『脅迫だよ、バカ野郎!』のバカ野郎は(役柄ではなく)ディーンとして言ってるからね」と発言すると、ディーンは「いや、みんなを代表して」と振り返り、笑っていた。

ディーンは、現在上映中の映画『海を駆ける』で主演を務めており、インドネシアの海岸で発見された謎の日本人らしき男を演じている。

関連画像

関連記事