元AKB48宮澤佐江の活動休止発表に「信じて待ってます」の声続々

2018.5.24 20:20

元AKB48宮澤佐江の活動休止発表に「信じて待ってます」の声続々サムネイル画像

元AKB48グループの宮澤佐江が活動休止を発表し話題になっている。

宮澤が所属する株式会社フレイヴエンターテインメントは24日、ホームページに「『宮澤佐江』活動休止のお知らせ」として「弊社所属の宮澤佐江の活動休止に関しましてご報告を申し上げます。2006年にAKB48の一員としてデビューし、約12年間走り続けて参りましたが、一度足を止めて自分自身を見つめ直したいとの思いから、2018年7月末日をもって芸能活動を一時休止することとなりました。」と公表した。

そして「突然のご報告となりましたこと深くお詫び申し上げます。」と綴り、「それに伴いまして、(株)フレイヴエンターテインメントとのマネジメント契約の終了も併せてご報告させて頂きます。」と、掲載した。

最後には「日頃よりお世話になっております関係者の皆様や、これまで応援してくださったファンの皆様には心より感謝申し上げます。これからも宮澤佐江への変わらぬご声援、何卒宜しくお願い申し上げます。」と締めくくっている。

この発表にファンはTwitterに「寂しい」「AKBを好きになるきっかけだった」「これほんと!?なんでー!?」「7月末以降何を楽しみに過ごしていけばいいのか」などのコメントが寄せる中、「信じて待ってます」「また動き出す時は、それが何年後か何十年後だろうと全力で応援していきます」「ぜひ好きな事をしてほしいと思う」など応援の声も相次いでいる。

宮澤は、AKB48でデビューし、その後中国・上海市を拠点として活動するSNH48に移籍、SKE48との兼任などを経て2016年にグループを卒業し、舞台などで活躍していた。

関連画像

関連記事