U-KISS 自身2度目の日本武道館LIVEで35公演ツアー大団円

2014.9.16 20:21

U-KISS 自身2度目の日本武道館LIVEで35公演ツアー大団円サムネイル画像

K-POPアーティストのU-KISSが7月16日より実施していた全国15か所34公演に渡るJAPAN TOURを終了し、今年のJAPAN TOUR最後を飾る日本武道館でのライヴを9月12日に同所にて行った。2012年に初めて行った武道館公演に続いて2度目のライヴということで、緊張感の中にもリラックスした雰囲気で彼らの魅力が全開の2時間半だった。

ツアーファイナルということで、全国各地から集まったであろうファンで埋め尽くされた会場は、熱気でいっぱいになり、開場前からグッズブースの列は途切れず、ごった返していた。

いよいよ開演を迎え、ツアーとはまた違ったオープニング映像が流れだす。その映像が終了するとともにステージに現れたメンバー。待ちに待ったファンからは当然のように大歓声がおき、1曲目の「Break up」がスタートした。その後は、ツアーと同様に5人によるアルバム曲を中心とした楽曲を次々と歌唱していく。そして、ツアー時にはソロパートがあった新メンバーJUNも参加し、6人でのパフォーマンスへと移行し、さらに熱を帯びていく。今公演に向けて、全国ツアーでファン投票を会場内で実施し、1位になった曲「キブリジマ(媚びるな)」(韓国での最新アルバムのリード曲)を本邦初披露。本国でのパフォーマンス同様にダンサーを引き連れての大人なダンスにファンも大絶叫。

その後、最新シングル「LOVE ON U」などをはさみ、当日入場者全員に配布されたCDに収録されている新曲「Head Up High」をイライ、フン、キソプ、ジュンの4人で、「One Call Away」をスヒョン、ケビンの2人で世界初披露。そして、ツアーの関東公演でのみ参加していたチビKISS(子供ダンサー)が参加しての「Man Man Ha Ni」、今回のツアーを象徴するTREEからメンバーが登場した「Spring Rain」、トロッコに乗ってアリーナを一周しながらの本邦初披露曲「Miracle」などを歌い、本編最後に「Shape of your heart」とあっという間に終了。

アンコールでは、大人気曲でツアー序盤ではメンバーの誰かが足をつるというハプニングが起きていた「NEVERLAND」、ファンと一緒にタオルを振り回した「The Only One」と続き、最後のMCへ。

ここでは、11月26日に発売が決定した武道館公演LIVEのDVD&Blu-rayの発売、その前に今日のLIVEの模様が11月に日本テレビプラスで放送が決定、10月25日に開催されるハロウィンイベントの発表など盛りだくさんの告知があり、最後の曲へいくとみせかけて、ここでサプライズ演出があった。メンバーに内緒で制作されたファンからの映像とファンからの「A Shared Dream」の歌唱があり、U-KISSメンバーを驚かせ、メンバーの目には光るものも見られた。

関連画像