大ヒットアニメ作品の劇伴音楽を手掛ける澤野弘之 過去最多13組のゲストボーカルで会場を魅了

2018.5.14 12:00

大ヒットアニメ作品の劇伴音楽を手掛ける澤野弘之 過去最多13組のゲストボーカルで会場を魅了サムネイル画像

Taichi Nishimaki

「機動戦士ガンダムUC」「青の祓魔師」のほか、7月より放送のTVアニメ「進撃の巨人」Season 3など、数々の大ヒットアニメ作品の劇伴音楽を手掛ける人気劇伴作家・澤野弘之。

SawanoHiroyuki[nZk](サワノヒロユキヌジーク)名義でのアーティスト活動も展開しており、現在放送中のTVアニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These」オープニングテーマ「Binary Star」と、「実物大ユニコーンガンダム立像」テーマソング「Cage」を収録した両A面シングルを先月4月25日にリリースするなど、その活動は多岐にわたる。

そんな多忙を極める澤野弘之だが、昨日5月13日(日)にワンマンライブ「澤野弘之 LIVE [nZk]005」をパシフィコ横浜 国立大ホールにて開催した。過去最大のキャパとなった通算5回目の今公演だが、当日は3F席まで満員御礼となった。

毎回多様なゲストボーカルを迎えて開催される澤野弘之のワンマンライブだが、今回は過去最多となる13組のゲストボーカルが参加した。SawanoHiroyuki[nZk]始動以来交流のあるAimerに加えて、Yosh(survive said the prophet)、mizuki(UNIDOTS)、Tielle、Gemieなどお馴染みの面々が参加するとともに、mpi、Aimee Blackschleger 、Benjamin 、Eliana 、Cyua、David Whitakerら、劇伴音楽で常連のボーカリストたちもこぞって参加となった。

そしてスペシャルゲストとして、最新アルバム「ALIVE」のサウンドプロデュースを澤野弘之が手掛けたDo As Infinityが参加し、「化身の獣」「ALIVE」の2曲を披露。さらにアンコールでは前述のTVアニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These」オープニングテーマ「Binary Star」に参加した女性ボーカリストUruが登場し、待望の「Binary Star」ライブ初披露が実現されると、2組のスペシャルゲストに会場は大きく沸き立った。

また、ラストにはこれまで澤野が手掛けてきた楽曲をピアノソロで披露。恒例の澤野弘之の軽快なMCとともに、約3時間・全27曲に及ぶ濃厚な一夜は大盛況の後に幕を閉じた。

関連画像

関連記事

関連リンク