LOVE PSYCHEDELICOが歌う、錦織圭選手出演のCMソングが人気急上昇中

2014.9.10 20:22

LOVE PSYCHEDELICOが歌う、錦織圭選手出演のCMソングが人気急上昇中サムネイル画像

9/9、テニス全米オープンの決勝戦が行われ、錦織圭選手が日本人初のグランドスラム準優勝を飾った。この快挙に日本中が湧く中、錦織圭選手が出演しているジャックスのCM楽曲に注目が集まっている。

株式会社ジャックスは広告キャラクターにプロテニスプレーヤーの錦織圭選手を起用しており、6月30日(月)から企業CM「僕はここにいる」篇・「想像力で未来は」篇がオンエアされている。このCMではパンケーキを前にはにかむ表情や、ランニング中のカットなど、普段の試合では見ることのできない錦織圭選手を見ることが出来る。

このCMのバックで流れているのは7月30日に配信開始となったLOVE PSYCHEDELICOの新曲「Good times, bad times」。錦織圭選手のプレーからエネルギーをもらって制作に取り掛かったという背景もある。”良いときもあれば悪い時もある”というタイトルは、まさに試合に挑む選手へのメッセージだろう。

錦織圭選手が決勝進出を決めた後にはiTunesのダウンロード数が前日の倍に跳ね上がるなど、曲への注目度も高まっている。

力強いプレイを見せる錦織圭選手の努力家で誠実なイメージと、バックで流れるLOVE PSYCHEDELICO「Good times, bad times」のポジティブで前向きな楽曲がCMを支えている。

なお、錦織圭選手とLOVE PSYCHEDELICOがコラボレーションしたCMは、2013年3月にスタートした「未来にタネをまこう。足りない」篇・「未来にタネをまこう。見えない」篇以来2度目となる。

関連画像

NEWS RANKING ニュースランキング