「コンテンポラリーな生活」が初のフルアルバム『ヘドが出る前に』のリリースと、東名阪ワンマンツアーの開催を発表

2014.9.9 20:28

「コンテンポラリーな生活」が初のフルアルバム『ヘドが出る前に』のリリースと、東名阪ワンマンツアーの開催を発表サムネイル画像

地元大阪だけでなく、東京へも活動の幅を広げている話題の3ピースロックバンド『コンテンポラリーな生活』。今年5月にリリースしたミニアルバム「ポップソングと23歳」がロングセラーを続け、初の全国ツアーでも成功をおさめ、今夏には神聖かまってちゃん主催の対バンイベントにも出演するなど話題を振りまいている彼らが、早くも新作、しかもバンド史上初のフルアルバム『ヘドが出る前に』を11月5日にリリースすることをオフィシャルHPやtwitter等で発表した。

この新作はコンポラ特有の独創的ユーモア溢れる楽曲や、若者特有の鬱屈としたリアリティ満載の歌詞世界は健在でありながらも、アルバム全体を通して非常に「ロック」で、一聴してライブと直結するような作品となった。

なおプロデューサーには前作同様に中尾憲太郎氏(ex.ナンバーガール)を起用。ほぼ全曲に渡りアレンジから参加し演奏力も強化。重厚なサウンドメイクにも拘った作品に仕上がっている。今後収録曲の詳細やジャケットのアートワークなども随時公開予定だという。あわせて東名阪ワンマンツアーの開催も決定した。

詳しい情報はオフィシャルHPをチェックしてみよう。

関連画像