櫻井翔 雪山ロケの“あり得ない”事態を告白「僕が行くと…」

2018.5.8 11:15

櫻井翔 雪山ロケの“あり得ない”事態を告白「僕が行くと…」サムネイル画像

5日に放送されたTBS系「王様のブランチ」に出演した嵐の櫻井翔が撮影秘話を披露した。

番組にVTR出演した櫻井は、映画『ラプラスの魔女』についてインタビューを受けた。その中で、雪山での撮影エピソードを振り返った。

櫻井は「ロケバスで待機してたんですね」と雪が降っていたため、撮影ができなかったとして雪が止むのを待っていたと話した。しかし、雪が止んで、いざ撮影を開始しようと櫻井がロケバスから降りると、また雪が降り始め、再び待ち時間に突入したと明かした。

櫻井は、何度もその状況が繰り返されたとして、「さすがに人って、3回目くらいになってくると、お前のせいだって空気になりますね」と話し、「僕が行って雪が降るなんて、そんなことあり得るわけがない。なんだけど、本当にそうだったんだよね」と共演した広瀬すずに同意を求めた。

これに広瀬も「最終的にロケバスまで戻らずに、(櫻井が)来る間に降っちゃうからその場待機みたいな」と、待ち時間もカメラの前で待機していたと撮影秘話を明かした。

すると、櫻井は「その前にも自分のバラエティー番組のロケで、3回それがあったんですよ」と話し、「雪山ロケ行くっていって、僕が行くとホワイトアウト状態」で結局ロケが中止されたとして「早く帰ったな、あの日は」と振り返っていた。

櫻井が出演する映画『ラプラスの魔女』は現在大ヒット上映中で、連続して起こる自然現象による事故を解明する地球科学の専門家・青江修介を演じている。

関連画像

関連記事