プロデューサーズ・ユニットCHRYSANTHEMUM BRIDGEが新レーベル「SLIDE SUNSET」を設立

2018.5.1 18:36

プロデューサーズ・ユニットCHRYSANTHEMUM BRIDGEが新レーベル「SLIDE SUNSET」を設立サムネイル画像

SLIDE SUNSET

SEKAI NO OWARI、ゆず、Official髭男dism、Awesome City Club、シナリオアート、andropなどを手掛ける音楽プロデューサーズ・ユニットCHRYSANTHEMUM BRIDGE(クリサンセマム・ブリッジ)が、新レーベル「SLIDE SUNSET」を設立。2018年5月1日より事業をスタートさせることを発表した。

SLIDE SUNSETとは、CHRYSANTHEMUM BRIDGEがトータルプロデュースを手がける音楽やコンサート制作などの中で培った経験を集約する可く設立したマルチコンテンツ・レーベル。音楽制作だけではなく、ライブやアートなどとの連動性を最大限に活用し、多種多様な作品をリリースする予定で、レーベル所属アーティストとしては、CHRYSANTHEMUM BRIDGE、新津由衣、BLUE FLAP QUARTET、三上ちさこが控えている。

「SLIDE SUNSET」は“夕陽が沈む瞬間の景色がスライドしてずっと見られたらCOOL!! ”という着想で名付けられたもの。[夕陽は沈んで朝日は昇る]と言った固定概念にクリエイティヴの中ではとらわれる事無く、非現実的で「違和感」を感じることの出来る自由な作品を作っていきたい”という意味が込められていると言う。

【CHRYSANTHEMUM BRIDGEコメント】

長い準備期間を経て、夢であったレーベルをいよいよ立ち上げることになりました。ようやくスタートラインに立てることに喜びを感じています。
ここ十数年間、音楽産業が衰退して行くかの様なムードが漂う中でも、僕らには悲観的な気持ちはありませんでした。幼い時から与えてもらった大切な音楽を継承して行くことに、強い気持ちが溢れていたからです。時代が変化し、幸運な事に僕らの様な小さなチームでも世の中に発信出来る環境も整いました。
「SLIDE SUNSET」の名前の由来の通り、これまでの固定概念を取り払って、僕らが思い描く理想の音楽やライブなど沢山のコンテンツを発信していきたいと思います。
2018年春、東京でSLIDE SUNSETをスタートします。
どうぞ宜しくお願い致します。

CHRYSANTHEMUM BRIDGE

【CHRYSANTHEMUM BRIDGEプロフィール】

サウンド・クリエイターとして活動していた保本真吾と、ライブのプロデュースを手掛ける石川淳が結成したプロデュース・チーム。SEKAI NO OWARI、ゆず、androp、Official髭男dism、シナリオアート、Awesome City Clubなどの作曲、アレンジ及びプロデュースを手掛ける。また、楽曲提供や劇伴、ライブ音源制作やコンサートのサウンド・プロデュースなど幅広く担当。

関連画像

関連記事

関連リンク