今注目の歌詞ランキング1位は、勢いが止まらないTWICE!ヨルシカ、GLIM SPANKYらもランクイン

2018.4.28 19:00

歌詞検索サービス「歌ネット」が、4月26日付けの「歌ネット注目度ランキング」を発表した。

注目度ランキングとは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定するもの。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。

今回のランキングでは、1位にガールズグループ・TWICEの「Wake Me Up」が輝いた。5月16日にリリースされるJAPAN 3rd SINGLEのタイトル曲である。【チャレンジ】をキーワードにした歌詞には、諦めない気持ちや前向きに立ち向かう強い心を応援するメッセージが込められている。さらにMVも解禁。<パンパカパーン>というキャッチーなフレーズに合わせた振り付けや円陣をイメージしたフォーメーションなど、楽曲にマッチしたパフォーマンスにも注目だ。

2位と3位には、ボカロPと女性シンガーによるバンド・ヨルシカの「ヒッチコック」「準透明少年」がそれぞれランクイン。前週に引き続き、大きな歌詞人気を得ている。「ヒッチコック」には<先生、人生相談です。>というフレーズが登場し、様々な【生きること】に対する疑問が投げかけられる。尚<先生>と呼ばれる職業は、教員の他にも政治家、医者、小説家など様々…。どの<先生>に対する問いかけであるかを考えながら聴くと、さらに歌詞の捉え方の幅が広がるのではないだろうか。

4位には、男女2人組ロックユニット・GLIM SPANKYの「All Of Us」が初登場。5月9日にリリースされるニューシングルのタイトル曲であり、テレビ朝日系列ドラマ『警視庁・捜査一課長 season3』主題歌として書き下ろされた。サビの<どうか 戦いながら生きる明日が晴れますように>というフレーズは、また一歩、踏み出すための背中をそっと押してくれる。懸命に毎日を生きているたくさんの人たちへ贈る、あたたかく力強い楽曲だ。

5位には、加藤ミリヤの「WALK TO THE DREAM」が初登場。同曲は、サッカーチーム”いわきFC”公式応援ソング。楽曲タイトルは、いわきFCが掲げるチームスローガンでもあり、音楽とスポーツはひとつに繋がっているということや、いわき市のこれからの明るい未来をイメージして制作された。

6位には、Shiggy Jr.の「お手上げサイキクス」が初登場。TVアニメ『斉木楠雄のΨ難』第2期 第2クールのOPテーマにも抜擢された。バンド史上最高にロックでサイケデリックな楽曲となっている。さらに7位には、ほのかりんの「夢裡」がこちらも初登場。5月9日にリリースの1st Full Album『LOVE ME TENDER』収録曲だ。

2018年4月26日付、歌ネット注目度ランキング

1位 Wake Me Up/TWICE
2位 ヒッチコック/ヨルシカ
3位 準透明少年/ヨルシカ
4位 All Of Us/GLIM SPANKY
5位 WALK TO THE DREAM/加藤ミリヤ
6位 お手上げサイキクス/Shiggy Jr.
7位 夢裡/ほのかりん
8位 満月/山猿
9位 ありがとう/山猿
10位 スタンドバイミー/go!go!vanillas

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254