緊急決定!ブラッド・サンドバーグによる「マイケル・ジャクソン・スタジオ講座」が東京・渋谷で開催

2018.4.27 17:12

緊急決定!ブラッド・サンドバーグによる「マイケル・ジャクソン・スタジオ講座」が東京・渋谷で開催サムネイル画像

マイケル・ジャクソン・スタジオ講座

マイケル・ジャクソンの『BAD』(1987年)を始め、彼の作品のエンジニアリングを担当したブラッド・サンドバーグによるスタジオ講座短縮版が5月18日(金)に、東京・渋谷にて開催されることが緊急決定した。

マイケル・ジャクソンの『BAD』(1987年)のアルバムから計4作(『デンジャラス』『ヒストリー』『インヴィンシブル』(2001年)=実質最後の作品)まで、つまりマイケル・キャリアの最後の4作のエンジニアリングを担当したブラッド・サンドバーグ。彼が、マイケル・ジャクソンのスタジオでの様子、レコーディングがどのように行われるか、門外不出のマルチトラック、プライヴェートなホームビデオ、写真などを駆使し、紹介するのが同イベントだ。天才マイケルがスタジオで何をしていたかを、第一線現場で一緒に作業をし、すべてを見てきたブラッド・サンドバーグが、多くの秘蔵エピソードを交えながら紹介する。

本セミナーはこれまでに15か国、28都市、113回、3700人以上の参加者を集めている。東京では2015年1月に行われ、マイケル・ファンを中心に大きな反響を巻き起こした。今回の開催は、特別なショート・ヴァージョンだ。

マイケル・ジャクソンがスタジオでどのように音作りをしてきたか秘蔵音源、映像を交えてマイケルの右腕ブラッド・サンドバーグが秘話を詳しく解説するこの機会を逃さないようにしよう。

【ブラッド・サンドバーグ プロフィール】

ブラッド・サンドバーグは、1963年12月7日カリフォルニア出身。大学卒業後、1985年、ロスの名門スタジオ、ウエストレイク・スタジオに就職。同スタジオを本拠に活躍していたマイケル・ジャクソンのもっとも信頼されたエンジニア、ブルース・スウェディーン(クインシー・ジョーンズの右腕)のアシスタントから入り、マイケル・ジャクソンの『BAD(バッド)』以降のレコーディングに参加してきたエンジニア。マイケルの自宅「ネヴァーランド」のスタジオ設計にもかかわり、完成まで、さらに完成後も何度もネヴァーランドまで通った。マイケルがもっとも信頼しているレコーディング・エンジニアの一人。

【イベント詳細】

「マイケル・ジャクソン・スタジオ講座@アンダーディア・ラウンジ」
日時 2018年5月18日(金) 17時、20時。入れ替え制。
第一部 受付16時30分~ 開演 17時~18時30分
第二部 受付 19時30分~ 開演 20時~21時30分 (入れ替え制)
会場 アンダーディア・ラウンジ

出演 ブラッド・サンドバーグ Brad Sandburg
通訳 江口研一 (翻訳家、通訳)
サポート 吉岡正晴 (マイケル・ジャクソンの自宅訪問、マイケル関連著作多数の音楽評論家)
料金 1万2000円 (予約・事前決済制)
定員 各回50名程度

関連画像

関連記事

関連リンク