指原莉乃、SNSでの恐怖体験告白し「まじトリハダ」の声

2018.4.25 17:50

指原莉乃、SNSでの恐怖体験告白し「まじトリハダ」の声サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

24日に放送された日本テレビ系『ザ!世界仰天ニュース』に指原莉乃が出演し、SNSでのトラブルについて話す場面があった。

番組内で指原は「Twitterとかやってるので、直接ファンの方とやりとりもできるので、ある日すごい怒ってる人がいたんですよ私に」と、あるファンについて話し始めた。

続けて指原は「テレビとかで、下品な話とか普通にし始めた時に『そんなんじゃなかったはずだ』って怒ってらっしゃって」「応援してた子が思ったのと違ったらやだから、仕方ないなとは思って私は無視してたんですよ」と、ファンからクレームがあったが気にしていたかったという。

すると「そしたら、だんだん怒りがピークに達してきて」と、その人物のどんどん言葉遣いも乱暴になり「何するかわかんねえからな」「このままだったらどうなるかわかんないぞ」と脅すようなコメントも寄せてきたのだと振り返った。

当時の指原が「その人が(普段)どういう書き込みしてるのか知りたくて」と、本人のTwitterページを見いくと「Twitterの写真が見たことある写真で、ん?なんだと思ったら、うちだったんですよ」と、指原の自宅写真をTwitterに載せていたと明かすと、スタジオからは悲鳴のような驚きの声が上がっていた。

指原は「さすがに警察に相談して」と、警察への訴えのおかげかその人物からコメントが寄せられることはなくなったと語っていた。

このエピソードに視聴者のSNSでは「ショッキングだし震える」「まじトリハダじゃん。。。」「どうやって家とか見つけ出すの?めっちゃ怖い」と、驚きのコメントが寄せられていた。

指原は過去にもSNSでのファンの言動について明かしており、Twitterのダイレクトメッセージ機能に「莉乃様、美脚美人です」「ヤバイ!可愛い」などの熱烈メッセージ多くってきていた人物がいたが、突然「莉乃さん、よう見たら、不細工」と、真逆のメッセージを送ってきたと明かしていたことがあった。

関連画像

関連記事