大森靖子 書き下ろしの初単著 単行本『超歌手』刊行決定!

2018.4.24 12:00

大森靖子 書き下ろしの初単著 単行本『超歌手』刊行決定!サムネイル画像

大森靖子

初夏にアルバムリリースを控え、新フェス「ビバラポップ!」のプレゼンターやオーディション番組で審査員を務めたり、6月にはツアーを行う等など、相変わらず勢力的に活動している大森靖子。

ついには、初単著となる単行本を、普及版の『超歌手』と豪華版の『超歌手 VIP』と2仕様で毎日新聞出版より刊行する事が明らかとなった。

自らのこと、社会のこと、芸術のこと、生や死のことを微に入り細を穿ち書きつくした、完全書き下ろしにして、初の単著となるエッセイ集。巻末には最果タヒ、根本宗子、ぱいぱいでか美、吉田豪ほかゲスト質問者を多数迎えた「大森靖子への108の質問」も収録。

大森靖子節が詰まった、現代を生きる老若男女の心情を鋭くえぐる表現で、今を生き抜く至言だらけの作品と言える内容になっている。

【大森靖子 コメント】

「本にここまでかくミュージシャンは今もういないと思います。嫌われるし、
もしかしたら自らの音楽作品すら傷つけるのに、かかずにはいられないなんて狂ってる。
けど表現者として狂ってるのは、いったいどっちだ? 私は、超歌手です」

関連画像

関連記事