ヒロミと中居にもご馳走!鶴瓶、上戸彩の“男前”お会計話を明かす

2018.4.18 16:29

ヒロミと中居にもご馳走!鶴瓶、上戸彩の“男前”お会計話を明かすサムネイル画像

上戸彩

18日に放送されたテレビ東京系「チマタの噺」に出演した笑福亭鶴瓶がベッキーの誕生日会でのエピソードを披露した。

番組にはとんねるずの木梨憲武がゲスト出演しており、鶴瓶は「だんだん下(後輩)もクレームつけるようになったんや、俺に。ホンマ緊張してほしいわ」と、自身に対する後輩の接し方について話した。

続けて、鶴瓶は「この前、みんなで集まって、呼ばれて俺、ヒロミと中居に」とベッキーの誕生日会に参加したと切り出すと「残骸しか残ってないがな、中華料理の高いとこ」と、参加した時には料理がほぼ残っていなかったと明かした。

その際、中居正広がヒロミに、鶴瓶にお会計を頼むように言ったとして、ヒロミから「払ってくれよ」とお願いされたと話し、「払ってくれよって、俺、残骸やで」と、ちゃんと食事もしていないのに代金を払うように言われたと振り返った。

そして鶴瓶は「1番年上やし、ベッキーの誕生日だから払いに行ったら、もう払ってました、上戸彩」と、自身が代金を払おうとしたら、上戸が先にお会計を済ませていたと明かした。

さらに、「俺、怒ったんや」と代金を払った上戸に注意したと振り返り、「ホンマ俺に払わしてくれや。俺が払ったら喋れるけど」と、このエピソードをテレビ番組などで話しづらくなると話し、笑いを誘った。

鶴瓶は以前、自身のInstagramアカウントで「ベッキーの誕生日、春菜、水川、剛力、森、吉高、撮影、上戸彩。幸せ、ベッキーおめでとう」とコメントを添え、誕生会での写真を投稿していた。

関連画像

関連記事