山里亮太 テレビ出演の際の“態度”SNSで叩かれ嘆き「仕事なんだから!」

2018.4.18 20:00

山里亮太 テレビ出演の際の“態度”SNSで叩かれ嘆き「仕事なんだから!」サムネイル画像

山里亮太

17日に放送されたTBS系「毒出しバラエティ 山里&マツコ・デトックス」に出演した南海キャンディーズ・山里亮太が視聴者からの苦情にまつわるエピソードを披露した。

山里は「昨今、ワイプがメインじゃないですか」と、近頃のテレビ収録ではVTRをスタジオで見て、画面の端に映し出される別画面からコメントすることが多いとして「オンエアで、すごい僕がワイプでずーっと喋ってると、番組見てる人たちから僕のSNSに対して、『うるせーよ』と、『おめー、ワイプでずっと喋ってんじゃねーよ』と、『バカか』つって、『もっと真剣にみんなみたいに普通に見ることできないのか』って来るんです」と、頑張って喋っても視聴者からクレームが来ると明かした。

続けて、「ワイプって、みんな声出してないから声出てないんじゃなくて、大人たちがこの声は使えると思ったからオンエアに乗せてくれてるだけで」と、他の共演者たちも喋っているが、ただオンエアに乗っていないだけだと説明すると、「バカじゃねーの」と苦情を入れてくる視聴者に対し、コメントした。

そして、「『静かにVTR見れねーのか』って見れねーよ!仕事なんだから!」「何を使ってもらえるかわかんないから、しゃべり続けなきゃいけないんだよ、俺は」と心情をぶつけた。

さらに山里は「喋ったら喋ったでさ、すげー叩かれっから、俺、ビビっちゃってそれ以降の収録、ずーっとさ、口だけパクパクやってチャップリンみたいになっちゃってんの」と、苦情の影響を語った。

同番組では以前にも、山里が「田原総一朗さんが、僕のことすっごいバカとして扱ってくるんですよ、めちゃくちゃ」と、過去に共演した田原総一朗に憤りを覚えていると話していた。

関連画像

関連記事