明石家さんま 「めちゃイケ」最終回に物申す「打ち上げで話せっちゅうねん」

2018.4.16 20:30

明石家さんま 「めちゃイケ」最終回に物申す「打ち上げで話せっちゅうねん」サムネイル画像

14日に放送されたフジテレビ系「さんまのお笑い向上委員会」出演した明石家さんまが「めちゃ×2イケてるッ!」の最終回を振り返った。

「めちゃイケ」最終回のゲストとして出演した明石家さんまは、「とんでもない収録で」と、極寒の雨の中で行われたと明かし、「こいつらが涙流して、『この番組が青春や!』って」と振り返り、「青春ちゃうわ、あほ。何を言うとんねん、このあほって」と極寒の中、長時間待機していたと話した。

続けて、明石家さんまは「おもろコメント、短く3分でやると思うがな、普通収録やったら」と番組で放送されためちゃイケメンバーのスピーチについて話し、「そんなもん打ち上げで話せっちゅうねん」とコメントした。

また、めちゃイケメンバーのよゐこ・濱口優が「さんまさんが挨拶したいっつって」と、短パンを履いていた明石家さんまを足元から頭へカメラを移動させ撮影したとし、「短パンではございますが」と“簡単ではございますが”をもじって挨拶したと明かした。

このエピソードに明石家さんまは「それ(ネタ)を売りに行ったんやな。一点攻撃」と振り返ると「大失敗だった」と放送ではカットされていたと明かし、「俺1人でパーデンネンの格好して屋上から(帰った)」と知られざる舞台裏を語った。

22年間放送されていたフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」は先月31日に最終回を迎え、EXILE AKIRAや元AKB48の川栄李奈など、音楽界からもコメントが寄せられていた。

関連画像

関連記事