長澤まさみが詐欺師、坂口健太郎は骨太刑事、杉咲花はヒミツを抱える女子高生、吉高由里子は駆け出し検事…2018年春ドラマを主題歌と共にチェック!【前編】

2018.4.14 19:15

長澤まさみが詐欺師、坂口健太郎は骨太刑事、杉咲花はヒミツを抱える女子高生、吉高由里子は駆け出し検事…2018年春ドラマを主題歌と共にチェック!【前編】サムネイル画像

(c)TBS

新年度が始まり、楽しみにしている人も多いであろう2018年4月スタート春ドラマ。そのラインナップがほぼ出そろい、それと同時に注目を集める主題歌も続々発表されている。今回は、注目のドラマとその主題歌を紹介しよう。

【月曜日】
◆フジテレビ系「コンフィデンスマンJP」
放送中 夜9時~
出演:長澤まさみ、東出昌大、小日向文世ほか

長澤まさみがおよそ11年ぶりに「月9ドラマ」で主演を務めることで話題になっている同作品。『リーガルハイ』『デート~恋とはどんなものかしら~』などの人気作で知られる脚本家・古沢良太が脚本を務めるオリジナル作品だ。“欲望”や“金”をテーマに、一見、平凡で善良そうな姿をした、ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)という3人の信用詐欺師たちが、金融業界、不動産業界、美術界、芸能界など、毎回、さまざまな業界の華やかな世界を舞台に、壮大で奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだましとる、痛快エンターテインメントコメディー。

主題歌:Official髭男dism「ノーダウト」
同ドラマの主題歌を務めるのはOfficial髭男dism。彼らはメジャーデビュー前のインディーズバンドで、これは「月9」史上初となる。この大抜擢にOfficial髭男dismは「今回このようなお話をいただき大変光栄です。知名度もまだない、いちインディーズバンドの僕らですが、とてもカッコいい楽曲が完成しました! ドラマに少しでも華が添えられれば幸いです。」とコメントしている。同作品の主題歌となる1stシングル「ノーダウト」は、彼らの1stフルアルバム「エスカパレード」同日発売の4月11日(水)にリリースされている。

【火曜日】
◆カンテレ・フジテレビ系「シグナル 長期未解決事件捜査班」
放送中 夜9時~
出演:坂口健太郎、北村一輝、吉瀬美智子ほか

今作で坂口健太郎がテレビドラマ初主演を務めることでも話題になっている同作品。原作は、リアルな人間描写と緻密な構成が感動と興奮をもたらし、韓国で数々の賞を受けたヒューマンサスペンスの傑作『シグナル』。謎の無線機を通じて、“現在”を生きる刑事と“過去”を生きる刑事の二人が、共に未解決事件を解き明かすことで現実が塗り替えられるという矛盾。さまざまな人間模様が織りなす展開が、次々に謎を深める予想不可能なヒューマンサスペンスだ。

主題歌:防弾少年団「Don’t Leave Me」
同ドラマの主題歌は、絶大なる人気を誇るK-POPグループ防弾少年団(BTS)の新曲「Don’t Leave Me」。ドラマ用に書き下ろされた、BTSの音楽性とドラマの世界観が見事に調和された楽曲で、スリリングと高揚感に溢れた展開は、視聴者の感情を掻き立てる内容となっている。BTSが日本ドラマの主題歌を担当するのは今回が初めて。これについてメンバーのRMは「初めてドラマの主題歌に挑みますが、韓国でヒットしたドラマの主題歌に参加することになって光栄で、少しでも力になれたらと思います。」と意気込みを話したほか、J-HOPEは「参加できて光栄で、ドラマをご覧になるすべての方がこの曲を聴いて気に入ってくれると幸いです」とコメントしている。

◆TBS系「花のち晴れ~花男 Next Season~」
4月17日 夜10時~
出演:杉咲花、平野紫耀(King & Prince)、中川大志

原作は人気漫画家・神尾葉子が手掛ける累計発行部数6100万部突破の大ヒットコミック「花より男子」の新章となる「花のち晴れ~花男 Next Season~」(1~8巻。集英社「少年ジャンプ+」連載中)。「花より男子」映画版でシリーズの幕を閉じてから10年の時を経た今、もうひとつの新たな“花男”がこの『花のち晴れ~花男 Next Season~』となる。物語は、F4が卒業してから10年後。落ち目になった英徳学園を舞台に、人に言えない“ヒミツ”を抱えた新世代のキャラクター達が巻き起こす「自分らしく生きる」ことがテーマの痛快青春ラブコメディーだ。主人公は、コンビニでバイトをしながら超金持ち名門校の英徳学園に通う“隠れ庶民”の江戸川音(杉咲花)。そんな音に深く関わってくるのが、かつて英徳学園のカリスマ的存在だった道明寺司に心酔し、“C5”と呼ばれる5人組のリーダーとして、生徒たちから崇められている神楽木晴(平野紫耀)。そして音の婚約者である馳天馬(中川大志)の三角関係を中心に物語は進んでいくと言う。

主題歌:King & Prince「シンデレラガール」
主題歌は、同作品にも出演する平野紫耀が所属するKing & PrinceのCDデビュー曲「シンデレラガール」。2015年に結成された「Mr.King vs Mr.Prince」は、2016年以降はグループを構成する平野紫耀・永瀬廉・髙橋海人の3人からなる「Mr.KING」と、岸優太・神宮寺勇太・岩橋玄樹の3人からなる「Prince」の2つのユニットに分かれての活動となり、写真集もMr.KINGは『DREAM KINGDOM』、Princeは『Prince Prince Prince』を発売、ジャニーズ銀座などの公演もユニットごとに行ってきたが、2018年1月1日~1月27日Mr.KING、 Prince共に帝国劇場にて「JOHNNYS’ Happy New Year IsLAND」に出演を果たし、1月17日の記者会見にて「King & Prince」がCDデビューすることが発表された。同デビューシングルは5月23日(水)にリリースされることも決定している。

【水曜日】
◆日本テレビ系「正義のセ」
放送中 夜10時~
出演:吉高由里子、安田顕、三浦翔平、広瀬アリス、寺脇康文、生瀬勝久他

原作はエッセイ、小説、テレビと幅広く活躍する阿川佐和子のシリーズ小説「正義のセ」。主人公・竹村凜々子(吉高由里子)は、横浜地検で働く2年目の検事。まだまだ駆け出しの凜々子は、不器用だけど何ごとにも一生懸命。周りを巻き込みながらも、まっすぐに事件に取り組み、検事として、そして女性として成長していく様子を描くと言う。見た人がきっと元気になれる痛快お仕事ドラマだ。

主題歌:福山雅治「失敗学」
同ドラマの主題歌を担当するのは、福山雅治。福山雅治と吉高由里子の主題歌×主演のタッグは、2010年の日本テレビ系土曜ドラマ「美丘」以来、8年ぶりとなる。福山は主題歌を担当するにあたり、「この度は「正義のセ」主題歌を担当させて頂くこととなり、大変光栄に思います。主題歌のタイトルは「失敗学」です。主人公・凜々子はとても勇気のある人。未熟ながらも自身の信念のために他者とぶつかることを恐れない人。共感すると同時に、恥ずかしながら「でも僕にはそんな生き方は勇気がなくて出来てない…」とも思いました。ならば、そんな僕のような人や、凜々子の周りに居る人たちに出来ることは何なのか?との思いで生まれてきた楽曲です。人生はすべてうまくいくことなど皆無で、誰しもが必ず失敗を経験する。ですが、失敗から学びや気付きを得ることで成功に近づいてゆくのも事実。勇敢な凜々子を見ていて浮かんだエール(応援)は「失敗する人が成功する」と言う言葉です。凜々子の不器用な背中を少しだけ後押しながら、彼女と共に少しでも前に進んで行けるような楽曲になれたらとの思いで描きました」とコメントしている。

関連画像

関連記事