SiM主催の野外フェス、DEAD POP FESTiVAL 2018 の第二弾出演者発表

2018.4.13 12:00

SiM主催の野外フェス、DEAD POP FESTiVAL 2018 の第二弾出演者発表サムネイル画像

DEAD POP FESTiVAL 2018

湘南で結成されたレゲエパンク・バンド、SiMが主催する野外フェス「DEAD POP FESTiVAL 2018」の第二弾出演者が発表された。

すでに、SiM/岡崎体育/THE ORAL CIGARETTES/SUPER BEAVER/dustbox/HEY-SMITH/ヤバイTシャツ屋さんなどの出演者が発表され話題となっているが、第二弾出演者らにも豪華な顔触れが並ぶこととなった。

本日正午よりオフィシャルサイトでの2次先行予約受付が始まっているので、要チェックだ。

DEAD POP FESTiVALは、「壁を壊す」をテーマとしてSiMが主催するライヴ・イベントで、2010年渋谷club asiaでの初開催以来、恵比寿LIQUIDROOM、渋谷O-EAST、新木場STUDIOCOASTと着実にその規模を拡大し続け、2015年夏に念願の野外フェスティバル化に成功、昨年2017年も開催してSiMを含む全27バンドが結集した。野外化4年目となる今年も、二日間で約20,000人の動員を見越している。

【第二弾出演者】

coldrain
10-FEET
東京スカパラダイスオーケストラ
04 Limited Sazabys
MAN WITH A MISSION
ONE OK ROCK

and more…

関連画像

関連記事