笑福亭鶴瓶 松嶋尚美が叱った時の娘の衝撃行動に「よっぽどやで」

2018.4.13 7:00

笑福亭鶴瓶 松嶋尚美が叱った時の娘の衝撃行動に「よっぽどやで」サムネイル画像

笑福亭鶴瓶

12日深夜に放送されたテレビ東京系「きらきらアフロTM」に出演した松嶋尚美が自身の娘とのエピソードを披露した。

松嶋は、4歳の自身の娘について「めっちゃ怖いねんけど」と切り出し、息子と娘がスーパーマーケットで騒いでいたため、叱ったが全く聞かなかったので車に戻り怒鳴り散らしたと振り返った。

その後、家に戻っても怒りが収まらず子供たちを見ないようにしていた松嶋に対し、娘は「さっきはごめんね」と謝ってきたが、その際、何度も舌を出していたと驚きの行動を話した。

さらに、娘がパックに入った納豆を自分ではうまく扱えないとして「うちの旦那に、『パパー、納豆開けて作ってー』」と甘えた口調でお願いしていたという。

そして、娘が納豆にタレをかけるところまで、甘えた態度でお願いしていたのに、夫が混ぜずにテーブルに置くと、娘が「混ぜろ」と突然、口調を変えたと明かした。

このエピソードに笑福亭鶴瓶は「あかん、あかん。お前、そういう時怒らなあかん」とコメントし、「謝りながら舌出すってのはよっぽどやで」「ある意味ええと思うわ」と感想を口にしていた。

松嶋は以前にも、同番組で子供とのエピソードを披露しており、娘の保育園の参観日に行ったとき、突然防災訓練が始まり、「他のクラスメイトの子がすごくて、『ララちゃんのママこっち!こっちだよ。ここみんなミツバチ組さんだから座って。ここに座ってれば大丈夫』」と松嶋の手を取り誘導してくれたと話していた。

関連画像

関連記事