坂口健太郎、塩顔イケメンならではの苦労を吐露「印象に…」

2018.4.12 7:00

坂口健太郎、塩顔イケメンならではの苦労を吐露「印象に…」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

10日に放送されたフジテレビ系『めざましテレビ』に俳優の坂口健太郎と北村一輝が出演し、番組のインタビューに答えた。

番組内で北村は、自身の子どもから「『より(顔が)濃いね、(坂口の)横にいると』って言われて」と、北村と坂口の顔立ちの違いについて指摘されてしまったのだと話した。

そして坂口は「モデルをやっていた時に、編集の方が『坂口の顔は世代を問わない』っていうのは言ってもらったことがあって。それは得なことだなって」と、塩顔のメリットを実感したことがあると話した。

続けて坂口は「(塩顔は)裏返すと印象に残りづらいから、顔の作り以上に体で表現しなくちゃいけなかったりとか、表情とか声とかで表現しなくちゃいけないっていうのは」と、デメリットもあると話し、塩顔ならではの苦労を明かした。

これに北村は「すごい憧れますよね、いろんな役できるから。もっと俺がスーッと(いう顔立ちを)していたら朝ドラみたいなのに出られるのに。絶対来ないからね」と、坂口への称賛と自虐コメントで周囲の笑いを誘っていた。

2人が共演するドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』は毎週火曜の夜9時から放送中。無線機を通じて”現在”と”過去”の刑事が長期未解決事件に挑むというヒューマンサスペンスとなっている。

関連画像

関連記事