ウルフルズ恒例のイベント「ヤッサ」が5年ぶりに復活

2014.9.1 19:26

ウルフルズ恒例のイベント「ヤッサ」が5年ぶりに復活サムネイル画像

8月30日(土)、大阪・万博公園もみじ川芝生広場にてウルフルズ恒例のイベント「ヤッサ」が5年ぶりに開催された。

約1万8,000人が集まったこの日のイベント。1曲目からヒット曲『バンザイ~好きでよかった~』続いては『愛がなくちゃ』と、オープニングからソウルフルな曲の連続に観客は大盛り上がり。トータル松本が「ウルフルズです! 元気ですか。帰って参りました!」と挨拶すると、『彼女はブルー』『借金大王』『Let’s Go Monday』と立て続けの懐かしい曲から、最新アルバム収録の『ブヤカシャー!』を披露した。

ウルフルケイスケは「5年間お待たせしました。待っててくれてありがとう!!」とコメント。リーダーであるウルフルケイスケの言葉に、大きな声援がおくられていた。

この日、ウルフルズは『ガッツだぜ!!』などアンコールを含む計26曲を披露。ライブの最初から最後まで、観客は最高潮の盛り上がりを見せていた。

ライブの最後には、トータス松本が「5年前のヤッサ、あの時はもう一回ここに戻って来られるなんて、そんなこと何も考えられへんかった。あれなんやったんやろ……。今はこんな元気なんです(笑)。メンバーは誰一人立ち止まらず音楽をやってきた。そうやってそれぞれの音楽が行き着いた先がまたウルフルズやったってことを噛み締めたい。奇跡のような話ですよ。これからもよろしくお願いします!」と本音を覗かせる場面もあるなど、ウルフルズにとっても感慨深いイベントとなったようだ。

この後、ウルフルズは10月4日の川口を皮切りに、アルバム『ONE MIND』を引っさげた全国ツアーがスタートする。まだまだ駆け抜けるウルフルズ。どのようなライブになるのか、期待が高まる。

関連画像