中居正広、ソロ活動の厳しさ?明かす「一人になったら…」

2018.4.5 7:00

中居正広、ソロ活動の厳しさ?明かす「一人になったら…」サムネイル画像

3日に放送された日本テレビ系『中居正広の5番勝負!』で中居正広がモノマネを披露した。

アスリートと中居が様々な競技で5番勝負をする番組で、中居は惜しくも負け越し。罰ゲームとして芸人・ヒロシの扮装で登場した。

中居は「マサヒロです。先日街を歩いていたら小さい子供に声をかけられました。『握手をしてください』『いいよ』。そのあと子供は『ちっちゃ』と言って出て行きました。身長ですか?器ですか?」と自虐を交えながらヒロシを真似たネタを見せ、周囲からは笑い声が上がっていた。

そして、中居はこの罰ゲームについて「芸能界の厳しさをまざまざと感じております。一人になったらこんなことしなきゃいけないのかなって思ってます」と話し、周囲の笑いを誘っていた。

中居は過去の別番組でも自虐コメントをしており、その際は厄年が終わった途端に災難が続いたといい「その次の年(2016年)にバタバタした」と、解散騒動をほのめかす発言を残していた。

関連画像

関連記事