香取慎吾 香港の世界一長いエスカレーターに描いたアート作品へ込めた思いを語る「20年後に…」

2018.3.30 7:10

香取慎吾 香港の世界一長いエスカレーターに描いたアート作品へ込めた思いを語る「20年後に…」サムネイル画像

香取慎吾

香取慎吾が27日、世界的な活躍が期待されるアーティストとして香港島中環(以下セントラル)に、初のストリート・アート作品を完成させたことを発表、お披露目のセレモ二ーが開催された。

3月は、「香港アートマンス」として、香港では、アート・イベントが多く開催されており、香港島の中環のオールド・タウン・セントラル(以下OTC)エリアは、街の壁に描かれた様々なストリート・アートが撮影スポットとして世界の旅行者やインスタグラマーに人気を集めている。

今回、新たに加わった香取の作品は、世界一長いエスカレーターとしても知られるミッドレベルエスカレーターの側面、Shelley Street(些利街/シェリーストリート)に描かれた。香取が香港をイメージして、モチーフに選んだ龍は、風水上、パワーがある、運気があがることとして知られている。

今回のプロジェクトは、2017年にテレビ番組の撮影で香取がOTCエリアの様々なストリート・アートを訪問したことをきっかけに、香港政府観光局が作品の制作を依頼し、実現。作品制作は、3月24日~27日、深夜から早朝にかけて行われたという。

【香取慎吾コメント】

初めて香港で映画を撮影した20年前から香港では広東語で「大口仔(大きなお口の男の子)」というニックネームで呼ばれています。20年後に龍になって香港に戻ってきた、という意味を込めてこの絵をかきました。

関連記事